メインメニューを開く

菜々緒

日本の女性モデル、タレント、女優

画像提供依頼:近影の画像提供をお願いします。2015年4月

菜々緒 (ななお[5]1988年昭和63年)10月28日[6] - )は、日本女性ファッションモデルタレント[7]女優[8]。本名、荒井 菜々緒(あらい ななお)[9]

ななお
菜々緒
プロフィール
別名義 荒井 菜々緒(あらい ななお)
生年月日 1988年10月28日
現年齢 31歳
出身地 日本の旗 日本
埼玉県大宮市
血液型 O型
公称サイズ(2017年[1][2]時点)
身長 / 体重 172 cm / 49 kg
BMI 16.6
スリーサイズ 80 - 57 - 86 cm
カップサイズ B
股下 / 身長比 85 cm / 49.4 %
靴のサイズ 22.5[3][4] cm
備考 9頭身
活動
デビュー 2009年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般、水着
備考 2010年度三愛水着イメージガール
他の活動 タレント
女優
レースクイーン
ラウンドガール
事務所 プラチナムプロダクション
その他の記録
第7回ミス東京ガールズコレクション グランプリ
PINKY専属2009年 - 2010年
non-no』専属(2010年 - 2011年[要出典]
GINGER』専属(2011年 - )
モデル: テンプレート - カテゴリ

埼玉県大宮市(現さいたま市大宮区)出身[10][11]プラチナムプロダクション所属[12]。雑誌『GINGER専属モデル。身長172cm[13]スリーサイズ80-57-86cm[1][2]股下85cm[14]9頭身[15]血液型O型[3]

来歴

1歳上の兄を含む4人家族の一員として埼玉県の現さいたま市大宮区にあたる大宮市内に出生[10]浦和学院高等学校卒業[16]蛯原友里に憧れてモデルを志し、高校1年生当時の2004年に「ミスセブンティーン」の選抜オーディションに応募、最終選考で落選した。のち高校2年生当時にスカウトを受ける運びとなる[17]。芸能活動の開始は高校時代のことであったものの、その本格始動は2009年、埼玉県の実家から東京都内の大学へ通いながら行っていたレースクイーンの活動が1年目を迎えた頃のことであった[18]

高校卒業後は東京都内の共立女子大学へ進学し[19][20]、学業と仕事を両立できる環境を整えるため、大学卒業に向けて入学後2年間は学業を優先し必要な単位をいち早く取得[18][21]。2009年の2月頃から大学に籍を置きつつ各種芸能活動を本格化した[22]。総合格闘技団体『戦極』のラウンドガールを務め、さらにファッション雑誌『PINKY』主催「プリンセスPINKYオーディション2009」準グランプリの獲得に続き、東京ガールズコレクション主催の同年度「メイベリン ニューヨーク presents 第7回ミス東京ガールズコレクション 」にてグランプリの座を獲得[23][24]。後者の折には、スポンサーにあたるメイベリンニューヨークの「親善大使」への任命を始め、坂詰美紗子の新曲ミュージックビデオへの出演権や、次期東京ガールズコレクションへの出場権など種々の特典を受けるに至った[25]。この年には9代目「三愛水着イメージガール」としての活動もあった[26]

2010年には前2009年度「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」を受賞(3月)[27]。この賞をファッションモデルが獲得するのは史上初のことであった[28]。続く4月からファッション雑誌『non-no』の専属モデル[29]。同時期には自身初のイメージDVD『FOUR O'CLOCK』を発売している[30]。「SUPER GT」のイメージガールにあたる「G☆RACE」の一員としての活動もあった[31]

2011年の5月頃から『GINGER〔ジンジャー〕』の専属モデルへ[32]。歯に衣着せぬ物言いとストレートなキャラクターが好評を得たことでバラエティテレビ番組への出演が急増してゆく[33]。同年11月には『ウレロ未確認少女』(テレビ東京系)にて女優デビュー。翌2012年にはフジテレビ系7月期『主に泣いてます』でテレビドラマ初主演[34][35]。さらに同時期発売の『ジンジャー』誌(10月号)にて同誌の表紙に初登場[32]。10月にはファッションブックの『菜々緒スタイルブック』と“超絶美脚写真集”こと『1028_24』の2冊を同時発売[36]。同時期には出身地にあたるさいたま市公認「さいたま市観光宣伝部長」の委嘱を受け、以降2014年まで同市の広報活動を担う運びともなった[37]。2012年2月には、「ななお」つながりの縁で石川県七尾市の「七尾ふるさと大使」に任命された[38][39]

2013年には女性ファッション誌『an・an』3月発売号の表紙および巻頭グラビアに登場[40]。同誌の表紙への登場は自身初のことであった[41]。さらにファッションブランド「BLACK BY MOUSSY(ブラックバイマウジー)」の春夏季イメージモデル起用を受ける[42]。このブランドの広告塔に日本人が起用されたのは史上初のことであった[43]

2014年には、それまで4年間にわたって出演していたテレビ番組『解禁!暴露ナイト』(テレビ東京系)の司会を3月をもって退任[44]。同年、中村義洋監督作『白ゆき姫殺人事件』で映画初出演[45]

2015年、『ふたがしら』(WOWOW6月13日 - 7月11日)で、時代劇初出演[46]。また、同年10月期の『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』(フジテレビ系)での演技により「第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」及び「第87回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」助演女優賞ならびに「ギャラクシー賞」テレビ部門2015年12月度月間賞を受賞[47][48]。『ファーストクラス』(フジテレビ系、2014年)に続いてアクの強い悪女役を演じ、“悪女キャラ”の第一人者として、女優として独自のポジションを確立した[49][50]

2016年には『好きな人がいること』でフジテレビ系「月9ドラマ」に初出演[49]2017年の『おんな城主 直虎』では徳川家康正室・瀬名(築山殿)役を演じてNHK大河ドラマ初出演を果たした[51]

人物

趣味はゴルフと釣り、特技は書道(7年)とバレーボール[52]

ミスTGC」グランプリ獲得(2009年)以前の“下積み”期には焼肉店でのアルバイト経験を持ったという[53]

同じくモデルでタレントの佐藤かよは幼稚園から小学5年で佐藤が転校するまで一緒に遊んだ幼馴染で、セーラームーンが大好きな男の子だった佐藤と2人でままごとやセーラームーンごっこなどで遊んでいたという[54][55]。2人ともモデルの道へ進んだことで再会を果たし[54]、親友としてツイッターブログなどの場でも交流の様子をたびたび披露している[56]

女優としては悪女やクールビューティな役を演じることが多いが[57]、2017年4月放送の日本テレビ系連続ドラマ『ボク、運命の人です。』では珍しく明るく善良な女性を演じた[58]

華奢で貧相とも思える体形や高身長にコンプレックスを感じていたことから、「自分がコンプレックスを感じているところを好きになれるような職業に就きたい」とモデルを志した[59]。筋肉のついたメリハリのあるボディへの肉体改造を目指して、2014年11月より加圧トレーニングを開始。2015年に自身のインスタグラムで公表したところによれば、172センチメートルの身長に対し、体重46キログラム[60]BMIの数値は15.5となる[61]。2017年3月には自身のTwitterにて筋トレや年齢を重ねて3キログラム増量し体重49キログラムとなったと公表し、50キログラムをベスト体重にしたいとしている[62][2]

指の関節をポキポキ鳴らす癖がある。それに気づいた『A LIFE~愛しき人~』(TBS)での共演者である浅野忠信が「そんなことしちゃだめだよ、綺麗な手が(傷みでもしたら)」と心配した。その優しさに「今年は指を鳴らさないようにします」と目標を立てた[63]

評価

股下85センチの「美脚」に定評がある[64]。“超絶美脚”と言われるその美脚はトレードマークとなっている[65]。2012年には“最も美しい素足を持つ女性”として「素足ビューティーアワード」の初代を受賞[66]。同年には篠田麻里子ローラ、および栗山千明と並んでの「ネイルクイーン」の受賞もあった[67]。「gooランキング」集計「今テレビで活躍中の若手モデルランキング」にてローラに次いで佐々木希を凌ぐ2位(同年)[68]。雑誌『an・an』における初表紙などが特筆された2013年には、壇蜜剛力彩芽今井華水原希子玉城ティナ山本美月紅蘭ダレノガレ明美押切もえ光宗薫、およびマギーからなる11名とともにモデルプレスの選出による企画「女性ネットユーザーが選んだ今年の顔」でその名の言及を受けることともなった[69]バラエティー番組の出演にも積極的な姿勢を見せ、出演する際の姿勢として「テレビに出てる時は「可愛い」とか「綺麗」とか言ってもらえるより「面白い」と言われる事の方が何より嬉しい」と語っており、その姿勢がテレビ業界関係者からも高い評価を得ている[70]

出演

主演作品は太字表記

テレビドラマ

配信ドラマ

映画

テレビアニメ

劇場アニメ

ゲーム

吹き替え

バラエティ番組

ラジオ番組

CM・広告

書籍

雑誌連載

ファッションブック

写真集

作品

CD(G☆RACE)

DVD

受賞歴

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b “菜々緒“超絶美脚”初写真集「堪能下さい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2012年9月28日). オリジナルの2012年10月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121001005327/http://www.sanspo.com/geino/news/20120928/oth12092805060015-n1.html 2019年10月8日閲覧。 
  2. ^ a b c 菜々緒 [@NANAO1028] (2017年3月3日). "wikipediaの体重はデビュー当時のままです。筋トレや年齢を重ね、今は3キロ増量。ヒップはスクワットで+3センチ。これからも筋トレ続けて1キロは最低でも増やして50キロをベスト体重にしたいです。出来ればもっと全体的に筋肉つけてメリハリつけたい。ふくらはぎの筋肉もっとつけたい。" (ツイート). Retrieved 2019年10月8日 – via Twitter.
  3. ^ a b “菜々緒、美脚の秘訣・ハマっている美容法を語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年11月21日). オリジナルの2016年10月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161021204945/http://mdpr.jp/diet/detail/1212664 2019年10月8日閲覧。 
  4. ^ “【エンタがビタミン♪】菜々緒、足のサイズ“22.7cm”の悩み明かす。”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2015年9月6日). http://japan.techinsight.jp/2015/09/nanao-asinosize-nayami-04.html 2019年10月8日閲覧。 
  5. ^ “菜々緒、スタイルキープ法・美肌の秘訣を語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2011年9月6日). https://mdpr.jp/interview/detail/1150442 2019年10月8日閲覧。 
  6. ^ “菜々緒、バレンタインの予定・ストレス解消法を語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年2月3日). https://mdpr.jp/interview/detail/1167269 2019年10月8日閲覧。 
  7. ^ 菜々緒”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年3月8日閲覧。
  8. ^ “菜々緒、沢尻エリカ主演「ファースト・クラス」撮影終了を報告 豪華出演者とのオフショットも公開”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月11日). https://mdpr.jp/news/detail/1374473 2019年10月8日閲覧。 
  9. ^ “菜々緒、恋「幸せ」宣言!今年のクリスマスについて語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2011年11月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1157396 2019年10月8日閲覧。 
  10. ^ a b “身長差10センチ TMRと熱愛で知名度上げた菜々緒の“本性””. 日刊ゲンダイ (株式会社日刊現代). (2012年5月15日). オリジナルの2013年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131130141301/http://gendai.net/articles/view/geino/136545/3 2019年10月8日閲覧。 
  11. ^ “菜々緒、さいたま市の観光宣伝部長に就任「今でも自慢の地元」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年10月15日). http://mdpr.jp/news/detail/1207101 2019年10月8日閲覧。 
  12. ^ “プラチナム軍団がビーチに集結交際中の菜々緒、今夏は「仕事人間に」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年7月15日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2014340/full/ 2019年10月8日閲覧。 
  13. ^ “菜々緒、 共演者との「差を感じた」 次期ドラマを語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年9月26日). http://mdpr.jp/interview/detail/1282112 2019年10月8日閲覧。 
  14. ^ “菜々緒が美脚を保つために欠かさないこと”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年4月12日). オリジナルの2013年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130618234033/http://mdpr.jp/beauty/detail/1177418 2019年10月8日閲覧。 
  15. ^ “モデル・菜々緒は毎日牛乳2リットルを飲んで9頭身になった?”. 週プレNEWS (集英社). (2012年2月6日). オリジナルの2012年2月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120209003348/https://wpb.shueisha.co.jp/2012/02/06/9502/ 2019年10月8日閲覧。 
  16. ^ “菜々緒、母校・浦学センバツ優勝に大喜び”. ORICON NEWS (oricon ME). (2013年4月3日). http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2023291/full/ 2019年10月8日閲覧。 
  17. ^ “このルックスでズバズバと! バラエティーにも引っ張りだこ <菜々緒(モデル)>”. ゲンダイネット (株式会社日刊現代). (2012年5月15日). オリジナルの2012年5月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120515065330/http://gendai.net/articles/view/geino/136545 2019年10月8日閲覧。 
  18. ^ a b “徹底考察!新人RQ菜々緒が躍進できたワケ(3/4)”. All About (株式会社オールアバウト). (2009年12月31日). http://allabout.co.jp/gm/gc/201636/3/ 2019年10月8日閲覧。 
  19. ^ “菜々緒、高校・大学時代の過去ショット公開 「美しすぎる」の声多数”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年11月21日). http://mdpr.jp/news/detail/1212610 2019年10月8日閲覧。 
  20. ^ “レースクイーンNo.1は現役女子大生の菜々緒さんに決定”. RBB TODAY (イード). (2010年3月18日). https://www.rbbtoday.com/article/2010/03/18/66446.html 2019年10月8日閲覧。 
  21. ^ Yukari Tanaka (2014年7月25日). “Cover Interview 菜々緒”. Poco'ce(ポコチェ) vol.134 2014年8月号. ポイントラグ. 2017年3月8日閲覧。
  22. ^ ユッキーナの後輩、菜々緒が三愛水着イメージガールに”. ズームイン!!SUPER. 日本テレビ (2009年11月17日). 2016年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月8日閲覧。
  23. ^ “徹底考察!新人RQ菜々緒が躍進できたワケ(1/4)”. All About (株式会社オールアバウト). (2009年12月31日). http://allabout.co.jp/gm/gc/201636/ 2019年10月8日閲覧。 
  24. ^ a b “『メイベリン ニューヨーク presents 第7回ミス東京ガールズコレクション』グランプリは20歳の大学生・菜々緒さん”. ORICON NEWS (オリコン). (2009年9月14日). http://www.oricon.co.jp/news/69123/full/ 2017年3月8日閲覧。 
  25. ^ “『メイベリン ニューヨーク presents 第7回ミス東京ガールズコレクション』グランプリは20歳の大学生・菜々緒さん”. Web De-View (Oricon). (2009年9月14日). オリジナルの2010年8月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100814165256/http://www.oricon.co.jp/news/deview/69123/ 2019年10月8日閲覧。 
  26. ^ “2011年三愛水着イメージガールが決定!菜々緒が卒業についてコメント”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2010年11月15日). オリジナルの2013年6月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130615001204/http://mdpr.jp/news/detail/890491 2019年10月8日閲覧。 
  27. ^ “「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー09-10」、女子大生の菜々緒に決定”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年3月18日). https://news.mynavi.jp/article/20100318-a024/ 2019年10月8日閲覧。 
  28. ^ “菜々緒が「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー」に決定 ファッションモデルでは初受賞”. eltha (oricon ME). (2010年3月17日). http://beauty.oricon.co.jp/news/74395/full/ 2019年10月8日閲覧。 
  29. ^ “三愛水着イメージガールの菜々緒が家庭教師に!? - 1stDVD『FOUR O' CLOCK』”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年4月19日). https://news.mynavi.jp/article/20100419-a003/ 2019年10月8日閲覧。 
  30. ^ “菜々緒、初DVDに赤面「二度と見たくない」”. 日テレNEWS24 (日本テレビ). (2010年4月18日). http://www.news24.jp/entertainment/news/1611480.html 2019年10月8日閲覧。 
  31. ^ “ASCII.jp:No.1レースクイーンの菜々緒、ファーストDVDで家庭教師に!”. ASCII.jp (角川アスキー総合研究所). (2010年4月19日). https://ascii.jp/elem/000/000/515/515603/ 2019年10月8日閲覧。 
  32. ^ a b “菜々緒、女性誌で念願の初表紙 色気の秘密は「レースのTバック」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年8月23日). オリジナルの2012年8月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120826003055/https://mdpr.jp/011199219 2019年10月8日閲覧。 
  33. ^ “【菜々緒】“釣り”が好きなんです。”. サイゾーpremium (株式会社サイゾー). (2012年4月17日). http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2012/04/post_3207/ 2019年10月8日閲覧。 
  34. ^ “菜々緒が『主に泣いてます』でドラマ初出演にして初主演! - 幸薄の美女役”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年5月30日). https://news.mynavi.jp/article/20120530-a087/ 2019年10月8日閲覧。 
  35. ^ “注目ドラマ紹介:「主に泣いてます」 菜々緒の女優デビュー作 奇抜なコスプレ披露”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2012年7月7日). http://mantan-web.jp/2012/07/07/20120706dog00m200054000c.html 2019年10月8日閲覧。 
  36. ^ “菜々緒が魅せる!大胆ポーズで“超絶美脚”あらわに”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年9月28日). http://mdpr.jp/news/detail/1204703 2019年10月8日閲覧。 
  37. ^ “「さいたま市観光宣伝部長」に菜々緒さん 特産品など全国にPR”. 47NEWS (株式会社全国新聞ネット). (2012年10月13日). オリジナルの2013年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131212183921/http://www.47news.jp/CI/201010/CI-20101013-00688.html 2019年10月8日閲覧。 
  38. ^ 浴びる”. 菜々緒オフィシャルブログ(プラチナムプロダクション (2012年5月6日). 2019年10月8日閲覧。
  39. ^ 七尾市役所 (2013年1月30日). “七尾ふるさと大使に任命!~加藤登紀子さん~”. facebook. 2019年10月8日閲覧。
  40. ^ “菜々緒、ランジェリー姿で驚異のSEXYボディ披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年3月12日). http://mdpr.jp/news/detail/1229784 2019年10月8日閲覧。 
  41. ^ “菜々緒、セクシーに『an・an』初表紙 “ヒョウ柄”下着でスタッフ悩殺”. eltha (oricon ME). (2013年3月13日). http://beauty.oricon.co.jp/news/beauty/2022499/full/ 2019年10月8日閲覧。 
  42. ^ “「ブラック バイ マウジー」春夏モデルに菜々緒登場”. アパレルウェブ (株式会社アパレルウェブ). (2013年2月13日). オリジナルの2014年7月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140714134516/http://www.apalog.com/report/archive/1326 2019年10月8日閲覧。 
  43. ^ “ブラック バイ マウジー広告塔に菜々緒 日本人起用は初”. Fashionsnap.com (株式会社レコオーランド). (2013年2月13日). http://www.fashionsnap.com/news/2013-02-13/black-by-moussy-nanao/ 2019年10月8日閲覧。 
  44. ^ “菜々緒が涙…“ただのギャル”から女優への成り上がり伝説”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年3月28日). http://mdpr.jp/news/detail/1343972 2019年10月8日閲覧。 
  45. ^ “菜々緒、映画デビュー決定「とても光栄」 井上真央×綾野剛の話題作”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年11月2日). http://mdpr.jp/cinema/detail/1294593 2019年10月8日閲覧。 
  46. ^ “成宮寛貴「ふたがしら」で「相棒」後初のドラマ出演!菜々緒は時代劇初挑戦”. 映画.com. (2015年4月10日). http://eiga.com/news/20150410/6/ 2015年4月10日閲覧。 
  47. ^ a b 過去の受賞結果・2015年 - ドラマアカデミー賞”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2017年3月8日閲覧。
  48. ^ a b 岡田芳枝 (2016年2月9日). “ギャラクシー賞 テレビ部門【月間賞】発表 2015年12月度”. dot. (朝日新聞出版). https://dot.asahi.com/galac/2016020800180.html 2017年3月8日閲覧。 
  49. ^ a b “菜々緒、月9デビューで“非悪女”「新たな挑戦を楽しみに」”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2072274/full/ 2017年3月8日閲覧。 
  50. ^ 奥村百恵 (2017年1月3日). “菜々緒 新春インタビュー『ゴールを決めない 小さな積み重ねが未来を作っていく』”. ORICON NEWS (オリコン). http://www.oricon.co.jp/special/49655/ 2017年3月8日閲覧。 
  51. ^ “菜々緒、大河初出演 家康の妻役抜てき「すごく光栄」”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2074949/full/ 2017年3月8日閲覧。 
  52. ^ 菜々緒”. タレント一覧. プラチナムプロダクション. 2017年3月8日閲覧。
  53. ^ “【エンタがビタミン♪】椎名林檎がバイト時代の菜々緒に贈った“CHANEL”の財布。菜々緒が、その真相を語る。”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2012年6月5日). http://japan.techinsight.jp/2012/06/nanao-ringo-nightshaffl20120603.html 2019年10月8日閲覧。 
  54. ^ a b 時をかける写真館 佐藤かよ×菜々緒、関根勤”. gooテレビ番組. NTTレゾナント (2012年7月16日). 2017年3月8日閲覧。
  55. ^ “佐藤かよ、幼なじみの菜々緒と「ずっとセーラームーンごっこ」”. マイナビニュース (マイナビ). (2017年2月8日). http://news.mynavi.jp/news/2017/02/08/033/ 2017年3月8日閲覧。 
  56. ^ “佐藤かよ、親友・菜々緒の素顔を突然暴露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年12月7日). http://mdpr.jp/news/detail/1306169 2019年10月8日閲覧。 
  57. ^ オープンハウスのCFでも悪女を演じた。
  58. ^ “菜々緒イメチェン、亀梨ドラマで「いい人」演じる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2017年3月8日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1789016.html 2019年10月8日閲覧。 
  59. ^ 加藤弓子 (2014年3月27日). “【菜々緒】コンプレックス克服からモデルに 悪い印象もプラスに転化”. zakzak by 夕刊フジ (産経デジタル). http://www.zakzak.co.jp/people/news/20140326/peo1403261737000-n1.htm 2017年3月8日閲覧。 
  60. ^ “菜々緒の体重公開に反響”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年1月2日). http://mdpr.jp/news/detail/1457729 2019年10月8日閲覧。 
  61. ^ “「痩せすぎモデル締め出し」は、ダイエットブームの歯止めになるのか?”. 財経新聞 (株式会社財経新聞社). (2015年4月13日). http://www.zaikei.co.jp/article/20150413/245027.html 2019年10月8日閲覧。 
  62. ^ “菜々緒、Wikipediaの体重を“訂正” 不健康なダイエットに警鐘”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年3月3日). https://mdpr.jp/news/detail/1668137 2017年3月8日閲覧。 
  63. ^ “【エンタがビタミン♪】菜々緒「良い人すぎて怖い」 ドラマ『A LIFE』で距離が近づいた男性キャストとは?”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2017年1月16日). http://japan.techinsight.jp/2017/01/maki01161400.html 2019年10月8日閲覧。 
  64. ^ “菜々緒、美脚の秘訣は学生時代にあった”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年9月24日). オリジナルの2013年12月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131212130910/http://mdpr.jp/review/detail/1280651 2019年10月8日閲覧。 
  65. ^ “菜々緒、「新しいセクシーポーズ?」公開とファンから反響”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年1月17日). http://mdpr.jp/news/detail/1319481 2019年10月8日閲覧。 
  66. ^ ““最も美しい素足”菜々緒が美脚を披露!「彼にも褒められる」”. ウォーカープラス (KADOKAWA). (2012年5月16日). https://www.walkerplus.com/article/30272/ 2019年10月8日閲覧。 
  67. ^ “篠田麻里子、ローラらがネイルクイーン 菜々緒は授賞式欠席”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年11月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/11/19/kiji/K20121119004589840.html 2019年10月8日閲覧。 
  68. ^ “今テレビで活躍中の若手モデルランキング”. Peachy - ライブドアニュース. (2012年9月9日). オリジナルの2014年1月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140116112145/http://news.livedoor.com/article/detail/6934709/ 2019年10月8日閲覧。 
  69. ^ ““女性ネットユーザーが選んだ今年の顔”発表【モデルプレス年末特集】”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年12月28日). http://mdpr.jp/news/detail/1312818 2019年10月8日閲覧。 
  70. ^ ウレぴあ 2012年6月号[要ページ番号]
  71. ^ 菜々緒、“最強悪女”に!桃李&文乃の刑事カップルとバトル”. SANSPO.COM (2015年9月10日). 2015年9月10日閲覧。
  72. ^ 広瀬すず、1月連ドラ『怪盗 山猫』で天才ハッカー役 亀梨&成宮と初共演”. ORICON STYLE (2015年12月7日). 2015年12月7日閲覧。
  73. ^ “成宮寛貴&菜々緒が公園デート『火村英生』にカメオ出演”. テレビドガッチ (プレゼントキャスト). (2016年2月22日). http://dogatch.jp/news/ntv/37858 2016年10月29日閲覧。 
  74. ^ 菜々緒が非悪女キャラ宣言!? 月9デビューで意外な配役「自分が恋愛するドラマは初めて」”. SANSPO.COM (2016年5月26日). 2016年5月26日閲覧。
  75. ^ “菅田将暉、菜々緒ら『直虎』で大河初出演 新キャスト発表”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2074937/full/ 2016年10月29日閲覧。 
  76. ^ “木村拓哉主演の医療ドラマ「A LIFE」共演は竹内結子、浅野忠信、松山ケンイチ”. 映画ナタリー. (2016年11月11日). http://natalie.mu/eiga/news/208872 2016年11月11日閲覧。 
  77. ^ “木村拓哉主演ドラマ『BG』に江口洋介、石田ゆり子、上川隆也ら主役級ズラリ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年10月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2099854/full/ 2017年10月31日閲覧。 
  78. ^ “菜々緒、米倉涼子と美脚バトル!“悪役”弁護士で法廷シーン初挑戦”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年9月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180905/geo18090505030012-n1.html 2018年9月5日閲覧。 
  79. ^ “濱田岳&菜々緒、山下智久主演ドラマ「インハンド」出演決定<本人コメント>”. モデルプレス. (2019年2月7日). https://mdpr.jp/news/detail/1820463 2019年2月7日閲覧。 
  80. ^ “福士蒼汰&菜々緒、禁断の恋描く10月期連ドラで初共演”. シネマトゥデイ. (2019年8月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0110367 2019年8月5日閲覧。 
  81. ^ “要潤が伝説のヒットマンを演じるオリジナルドラマ配信開始!”. ウォーカープラス. (2014年9月17日). http://news.walkerplus.com/article/50445/ 2014年9月19日閲覧。 
  82. ^ “菜々緒、映画初出演!「白ゆき姫殺人事件」で謎の死を遂げる“白ゆき姫”に”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2013年11月2日). http://eiga.com/news/20131102/2/ 2019年10月8日閲覧。 
  83. ^ 菜々緒、『あぶ刑事』最後のヒロインに タカの恋人役「緊張」”. ORICON STYLE (2015年4月26日). 2015年11月10日閲覧。
  84. ^ 「銀魂」高杉晋助役は堂本剛!「正直、エリザベスがやりたかった…」”. コミックナタリー. ナターシャ (2016年9月19日). 2016年9月19日閲覧。
  85. ^ “木村拓哉×長澤まさみ「マスカレード・ホテル」追加キャスト20名登場の予告公開”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年10月18日). https://natalie.mu/eiga/news/304104 2018年10月18日閲覧。 
  86. ^ “映画「ヲタ恋」花子役は菜々緒、樺倉役に斎藤工!原作表紙再現したビジュアルも”. コミックナタリー  (ナターシャ). (2019年7月29日). https://natalie.mu/comic/news/341494 2019年7月29日閲覧。 
  87. ^ “ウッチャン、『サザエさん』本人役で出演 27時間テレビで『スカッとジャパン』とコラボ”. ORICON STYLE. (2016年7月17日). http://www.oricon.co.jp/news/2075280/full/ 2016年7月19日閲覧。 
  88. ^ 劇場版「ONE PIECE」最新作に満島ひかり、濱田岳、菜々緒、北大路欣也が参戦!”. 映画.com (2016年3月29日). 2016年3月29日閲覧。
  89. ^ 堺雅人さん、テレビCMや交通広告で「さかウィス」となって登場!ゲーム内でもマルダー役で声優として出演、相棒のカクリー役は菜々緒さん! - 妖怪ウォッチ3公式サイト(2016年6月25日閲覧)
  90. ^ “菜々緒、「寂しい」破局後の心境を語る”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013年4月17日). http://mdpr.jp/news/detail/1237532 2019年10月8日閲覧。 
  91. ^ 『シュガー・ラッシュ:オンライン』主人公の運命を変える、レーサー・シャンク役に菜々緒さん!ディズニー作品で歌唱にも初挑戦!” (2018年10月23日). 2018年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月8日閲覧。
  92. ^ “マエアツよりポスター売れ行きで上回った菜々緒の“快進撃””. 週刊実話 (日本ジャーナル出版). (2012年11月13日). http://wjn.jp/article/detail/8711533/ 2019年10月8日閲覧。 
  93. ^ 菜々緒、au新CMでツンデレ乙姫役に挑戦!”. シネマトゥデイ (2015年5月29日). 2015年6月1日閲覧。
  94. ^ 菜々緒、ファブリーズCMに初参戦 松岡修造と熱血VSクール対決”. ORICON STYLE (2015年6月11日). 2015年9月7日閲覧。
  95. ^ 菜々緒、女王様キャラは「私が1番輝ける場所」”. ORICON (2015年9月7日). 2015年9月7日閲覧。
  96. ^ “暴走デヴィ夫人、コンビニ広告主慌てさせる「行ったこともないし聞いたこともない 」”. リアルライブ (株式会社フェイツ). (2015年11月13日). http://npn.co.jp/article/detail/62188010/ 2015年11月13日閲覧。 
  97. ^ 菜々緒の美脚に近づける!? メディキュットの着圧タイツの新CMが放映開始”. マイナビニュース (2015年9月11日). 2015年9月14日閲覧。
  98. ^ 菜々緒、悪女役の下着は「毒々しいもの」 秘密のこだわり明かす”. ORICON STYLE (2016年2月24日). 2016年2月25日閲覧。
  99. ^ “織田裕二さん出演の新TV-CF 犬のジョンシリーズ「店舗」篇、「見学」篇、「入居」篇の放映を開始します” (プレスリリース), オープンハウス, (2016年1月13日), https://oh.openhouse-group.com/company/news/news20160113.html 2019年10月8日閲覧。 
  100. ^ “吉田鋼太郎、新婚生活「幸せ」 菜々緒“御指名”には大喜び「イエーイ」”. スポニチアネックス. (2016年3月29日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/29/kiji/K20160329012304850.html 2016年3月29日閲覧。 
  101. ^ “菜々緒、“女神姿”で会場魅了 意外な漫画愛も語る”. ORICON STYLE. (2016年4月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2070336/full/ 2016年4月19日閲覧。 
  102. ^ “バカリズム、トヨタ新型車「TANK」のCMで菜々緒とカップル役”. お笑いナタリー. (2016年11月10日). http://natalie.mu/owarai/news/208699 2016年11月10日閲覧。 
  103. ^ “エースコック新商品『ラーメンモッチッチ』TVCM新CMキャラクターに女優の菜々緒さんを起用した「ロボットダンスラーメン篇」を全国でO.A.開始” (プレスリリース), エースコック株式会社, (2019年10月7日), http://www.acecook.co.jp/news/pdf/1910_mochichi.pdf 2019年10月8日閲覧。 
  104. ^ ADギャラリー コフレドール”. カネボウ. 2019年11月4日閲覧。
  105. ^ “水着に下着、コスプレで…菜々緒が美尻&美脚見せた”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2012年9月28日). オリジナルの2014年10月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141015132926/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/28/kiji/K20120928004210630.html 2019年10月8日閲覧。 
  106. ^ “菜々緒が大胆写真集を発売 下着姿にコスプレも…”. リアルライブ (株式会社アンカード). (2012年9月28日). http://npn.co.jp/article/detail/90659563/ 2019年10月8日閲覧。 
  107. ^ “スレンダーボディの9代目三愛水着イメージガール・菜々緒が初DVDで大胆セクシー!”. Web De-View (Oricon). (2010年4月18日). オリジナルの2010年4月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100421084735/http://www.oricon.co.jp/news/deview/75451/ 2019年10月8日閲覧。 
  108. ^ “レースクイーン・オブ・ザ・イヤーに菜々緒”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年3月18日). http://www.asahi.com/car/gallery/100318racequeen/ 2019年10月8日閲覧。 
  109. ^ “〈速報〉菜々緒のスラリ美脚にスギちゃんメロメロ”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2012年5月16日). オリジナルの2012年5月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120517111527/http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201205160096.html 2019年10月8日閲覧。 
  110. ^ “篠田麻里子、ローラ、菜々緒らが受賞 「ネイルクイーン2012」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年10月10日). http://mdpr.jp/news/detail/1206352 2019年10月8日閲覧。 
  111. ^ 寺田心“リトルベン”姿に会場沸く CM演技賞受賞”. ORICON STYLE (2015年10月28日). 2015年10月29日閲覧。
  112. ^ “第2回『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』作品賞は『下町ロケット』”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年1月29日). http://www.oricon.co.jp/news/2066030/full/ 2016年1月29日閲覧。 
  113. ^ ギャラクシー賞 2015年12月度月間賞”. 放送批評懇談会. 2016年1月20日閲覧。[リンク切れ]
  114. ^ “放送批評懇談会”. (2016年6月2日). http://www.houkon.jp/galaxy/53rd_shourei.html [リンク切れ]
  115. ^ “キスマイ藤ヶ谷、ベストジーニスト殿堂入り 先輩のキムタク、草なぎ、亀梨、相葉に続き男性5人目”. ORICON STYLE. (2016年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2079722/full/ 2016年10月11日閲覧。 
  116. ^ “菜々緒、自慢の美脚は“遺伝” トレーニング法も告白「脚はおしりから」”. ORICON STYLE. (2016年11月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2081829/full/ 2016年11月22日閲覧。 

外部リンク