菩提僊那

東大寺大仏開眼供養をしたインド出身の渡来僧

菩提僊那(ぼだいせんな、サンスクリット語: बोधिसेनBodhisena ボーディセーナ、704年 - 760年3月16日天平宝字4年2月25日[1]は、奈良時代の渡来[2]婆羅門僧正菩提僧正[1]菩提仙那とも称される[2]

中国に滞在中に日本の入僧の招請を受けて736年(天平8年)12月13日に来日[2][1]。752年(天平勝宝4年)に東大寺大仏殿の開眼供養法会で婆羅門僧正として導師をつとめた[2]。弟子の修栄が撰した『南天竺婆羅門僧正碑』[2]および『東大寺要録』中の「大安寺菩提伝来記」に伝記が残されている。

目次

生涯編集

菩提僊那は、インドバラモン階級に生まれた。姓はバーラードヴァージャ(婆羅門遅)と伝わっている。彼は青年期にへローカタクシャや安世高の偉業を追って、ヒマラヤを越えて入唐し、中国五台山にも滞在した(五台山の文殊菩薩に会うためという説もある)。

唐では長安崇福寺を拠点に活動していたようで、唐滞在中に日本からの入唐僧理鏡や第十次遣唐使副使中臣名代らの要請により、ペルシャ人の李密翳や、唐人で唐楽の演奏家の皇甫東朝林邑出身の僧侶で林邑楽を伝えた仏哲、唐の僧侶で日本から伝戒師を委嘱された道璿、のちに音博士となる唐出身の袁晋卿らとともに736年天平8年)に来日した。3人の僧ははじめ九州大宰府に赴き、行基に迎えられて平城京に入り、その中の大安寺に住し、時服を与えられた。

僊那は、華厳経の諷誦にすぐれ、呪術にも通じていた。インド呪術は、僊那から日本僧の弟子へ伝授された。

751年天平勝宝3年)僧正に任じられ、翌752年(天平勝宝4年)4月9日には東大寺盧舎那仏像の開眼供養の導師をつとめている。こうした功績から菩提僊那は、聖武天皇行基良弁とともに東大寺「四聖」としてその功を称えられている。

760年天平宝字4年)2月25日、僊那は大安寺にて西方を向いて合掌したまま死去した。翌3月2日、登美山右僕射林に葬られた。残された僅かな図画を基に、2002年の開眼1250年法要の機会に三輪途道らにより菩提僊那像が製作され、現在、本堂に安置されている。運慶無著世親像(興福寺蔵)に倣って日本人の顔立ちであるが、眼は緑色に彩色されている。

脚注編集

参考文献編集

  • 中村元ほか(編) 『岩波 仏教辞典』 岩波書店、2002年10月、第二版。

関連項目編集

外部リンク編集