メインメニューを開く

菩提寺パーキングエリア

日本の滋賀県湖南市にある名神高速道路のパーキングエリア

菩提寺パーキングエリア(ぼだいじパーキングエリア)は、滋賀県湖南市名神高速道路上にあるパーキングエリアである。

菩提寺パーキングエリア
下り線側施設
下り線側施設
所属路線 E1 名神高速道路
本線標識の表記 菩提寺
起点からの距離 (上り線)451.7
(下り線)451.9 km(東京IC起点)
竜王IC (4.5 km)
(5.1 km) 栗東湖南IC
供用開始日 1964年4月12日
上り線事務所 7:00-20:00
下り線事務所 7:00-20:00
所在地 520-3242
(上り線)滋賀県湖南市菩提寺329-5
(下り線)滋賀県湖南市菩提寺329-4
テンプレートを表示

2014年12月24日午前7時に「モテナス」としてリニューアルオープンした[1]

道路編集

施設編集

上り線(米原・名古屋方面)編集

下り線(京都・吹田方面)編集

 
ドッグラン(2008/10)
  • 駐車場
    • 大型 50台
    • 小型 49台
  • トイレ
    • 男性 大4(和式3・洋式1)・小13
    • 女性 18(和式15・洋式3)
    • 車椅子用 1
  • スナック(7:00-20:00)
  • ショッピング(7:00-20:00)
  • 携帯電話充電器(7:00-20:00)
  • 自動販売機
  • ドッグラン(8:00-18:00)
  • 電気自動車用急速充電器(24時間):要事前登録

菩提寺バスストップ編集

菩提寺バスストップ(ぼだいじバスストップ)は、滋賀県湖南市名神高速道路菩提寺パーキングエリアに併設されている高速バスバス停留所である。

編集

E1 名神高速道路
(29-1) 蒲生スマートIC - (29-2) 竜王IC - 菩提寺PA - (29-3) 栗東湖南IC - (30) 栗東IC

名称の由来編集

所在地である湖南市の大字名「菩提寺」に由来する。域内の菩提寺山にはかつて聖武天皇の発願による円満山少菩提寺という寺院があり、地名の由来となった。少菩提寺の最盛期には七社三十七坊を数えたが、1570年元亀元年)織田信長に敗れた六角氏の兵火により全山が焼亡した[2]

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中国自動車道 赤松パーキングエリア(上り線)・ 名神高速道路 菩提寺パーキングエリア(上り線)リニューアルオープン ―「モテナス」ブランドとして生まれ変わります― 西日本高速道路㈱・西日本高速道路サービス・ホールディングス㈱・西日本高速道路リテール㈱ 2014年11月26日掲載・閲覧
  2. ^ 儀平塾(編) 2011, p. 28.

外部リンク編集

参考文献編集

  • 『鈴木儀平の菩提寺歴史散歩』儀平塾(編)、儀平塾、2011年1月。