華麗なる殺人』(かれいなるさつじん、原題: La decima vittima, 別題: The 10th Victim)は、1965年イタリア映画

華麗なる殺人
La decima vittima
Elsa Martinelli in La decima vittima.jpg
エルザ・マルティネリ
監督 エリオ・ペトリ
脚本 トニーノ・グエッラ
ジョルジオ・サルヴィオーニ
エンニオ・フライアーノ
エリオ・ペトリ
原作 ロバート・シェクリイ『七番目の犠牲者』
製作 カルロ・ポンティ
出演者 マルチェロ・マストロヤンニ
ウルスラ・アンドレス
エルザ・マルティネリ
音楽 ピエロ・ピッチオーニ
撮影 ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
テンプレートを表示

概要編集

SF界の人気作家、ロバート・シェクリイの短編「七番目の犠牲者」を映画化。21世紀を舞台に闘争本能を満足させるべく為の殺人ゲームを合法化した近未来を描いたというサスペンスコメディ。ある意味「バトルロワイヤル」に先駆けた映画だが、残酷描写が殆どなく妙に小洒落た作りになっているのが特徴の異色近未来SFの佳作。007シリーズでボンドガールを務めたウルスラ・アンドレスがセクシーなヒロインを演じている。

スタッフ編集

キャスト編集

外部リンク編集