華麗にAh!so

華麗にAh!so
ジャンル バラエティ
放送時間 金曜日23:25 - 23:55(30分)
放送期間 1988年4月1日 - 1995年9月29日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
プロデューサー 三倉文宏
出演者 研ナオコほか
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

華麗にAh!so(かれいに あー そう)は、テレビ朝日系(関西地区はKBS京都サンテレビなどで放送)で1988年4月1日から1995年9月29日まで放送されていた金曜日夜11時台の音楽バラエティー番組。本稿では後番組についても記す。

目次

概要編集

1988年昭和63年)4月、金曜日の『ニュースステーション』の放送開始時刻が23時から22時になったことで、23時台後半に新たな枠が生じた。ここで始まったのが当番組である。番組タイトルロゴは、「華麗にAh!sō」でoに長音記号が付く。正確には▼がoの上に付いていた。番組の頭では番組ロゴが登場する。

司会は研ナオコホテルを舞台とした設定で、前半はロビーでのトークと客室でのコント(ダブルベッド)、後半は音楽番組という構成だった。

1991年の吉沢秋絵降板後は、アシスタントが月単位のマンスリー制となる。同時に大幅なリニューアルを行う。 1990年以降のオープニングはZOOPVが毎回流され、ZOOがゲスト出演することも多かった。

エンディングは研ナオコのPVが主に流れていたが、ジョン・ロビンソンの「TOKYO GO」が流れていた時期もあった(1994年頃)。

当初複数社提供(30秒企業6~7社)で放送されていたが、『とれんでぃ9』の番組終了に伴い麒麟麦酒キリンビール)が移動してきたため1989年1月6日(テレビ朝日放送分)以降はキリンビールのメイン提供で放送されてきた(番組終了直前でキリンビール以外の複数社提供となった)。

放送時間編集

ネット局編集

本枠はローカルセールス枠であったため、朝日放送は同時ネットせず、深夜に時差ネットしていたが打ち切られ、のちにKBS京都とサンテレビでの放送となっていた。また名古屋テレビでは当初「ドラゴンズ倶楽部」が始まったため同時ネットできず、「花のヨシモト金シャチTV」の放送開始に伴い打ち切られた。それ以外のテレビ朝日系列局は途中開局のネット局を除き番組開始から放送していた。

系列外の秋田放送テレビ山梨日本海テレビ山陰中央テレビでもネットされていた時期がある。また、北陸朝日放送が開局するまでは、石川テレビでもネットされていた。

出演者編集

レギュラー編集

  • 研ナオコ(司会)
  • 吉沢秋絵(アシスタント)(1988年4月 - 1991年3月) - 研とは同じ事務所だった。

尚、メイン司会の研は1989年4月 - 9月まで出産準備のため番組を一時降板。その間は由紀さおり中原理恵片岡鶴太郎らが代理司会を務めていた。

主なゲスト・マンスリーなど(順不同)編集

スタッフ編集

  • 構成:SOLD OUT(遠藤察男、井辺清)
  • 音楽:小野寺忠和
  • 演奏:パセリクラブ
  • 技術:池田屋
  • TD:池田治道、志村泰史
  • VE:船山道夫、軒名秀明
  • カメラ:別府忠久
  • 照明:窪田秀樹(サンライズアート
  • 音声:藤田洋幸(ブル
  • 編集:正木俊行(IMAGICA
  • MA:円城寺暁(IMAGICA)
  • 音響効果:西野有彦(4-Legs
  • TK:柳瀬美枝
  • 美術制作:安川毅(ジーケン・アート
  • 美術デザイン:西條実(アックス
  • スタイリスト:小川カズ
  • ディレクター:保母浩章(D3 Company)
  • 演出:多田羅敬二(D3 Company)
  • プロデューサー:新井義春(D3 Company)、三倉文宏(テレビ朝日)
  • 企画制作:田辺昭知(田辺エージェンシー)、皇達也(テレビ朝日)
  • 演出協力:D3 Company
  • 制作協力:田辺エージェンシー
  • 制作著作:テレビ朝日

関連項目編集

テレビ朝日 金曜日23時25分枠
前番組 番組名 次番組
ニュースステーション金曜版
※23:00 - 24:00
ただし、大相撲ダイジェスト放映時は23:45まで
(1985年10月 - 1988年3月)
華麗にAh!so
(1988年4月1日 - 1995年9月29日)
BAN-BAN-BANG
(1995年10月 - 1996年3月)