メインメニューを開く

菱川 有信(ひしかわ ありのぶ、生没年不詳)は明治時代浮世絵師

来歴編集

明治初期に菱川派風の張交絵の大判錦絵1点を残している。「濃翠白知千古在 清声誰道四時無」と題されており、叟斎了古との合作であった。本作品で有信は菱川風の二美人図を描いており、菱川というのは仮の姓とみられる。なお、明治期に有信と号した画家に三谷等哲の末裔で狩野雅信門人の三谷有信(狩野勝沢)がいるが、同一人物かは未詳である。

参考文献編集