萩原慎一郎

日本の歌人、詩人

萩原 慎一郎(はぎはら しんいちろう、1984年9月16日 - 2017年6月8日)は日本歌人詩人平成時代短歌の書籍としてベストセラーとなった歌集 滑走路の作者。

萩原 慎一郎
はぎはら しんいちろう
誕生 (1984-09-16) 1984年9月16日
日本の旗 日本東京都杉並区荻窪
死没 (2017-06-08) 2017年6月8日(32歳没)
日本の旗 日本東京都
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 武蔵中学校・高等学校卒業
最終学歴 早稲田大学卒業
ジャンル 短歌俳句
代表作 歌集 滑走路(2017年)
主な受賞歴 全国短歌大会 選者賞(2003年)
角川全国短歌大賞日本歌人クラブ賞(2005年)
与謝野晶子短歌賞姉妹賞(2013年)
第1回近藤芳美賞 選者賞(2014年)
角川全国短歌大賞 準賞(2014年)
第31回朝日歌壇賞(2015年)
全日本短歌大会毎日新聞社賞(2015年)
NHK全国短歌大会特選(2016年)
角川全国短歌大賞日本歌人クラブ賞(2016年)
第4回近藤芳美賞 選者賞(2017年)
角川全国短歌大賞題詠準賞(2017年)
キノベス!2019 8位(2018年)
活動期間 2002年 - 2017年
親族 萩原健也(弟)
所属 りとむ短歌会
テンプレートを表示

生涯編集

歌人になるまでの生い立ち編集

1984年東京都杉並区荻窪にて生まれる。父親の仕事で京都府長岡京市イギリス統治時代の香港などを転々とした後、東京都小平市に移り住んだ。1997年、私立中高一貫校武蔵中学校に入学し、野球部へと入部した。その野球部で監督に怒鳴られている様子を同級生からからかわれ、暴言や暴力が伴ういじめへとエスカレートしていった。その経験の中で、17歳の時、偶然近所の書店にサイン会で来ていた俵万智に触発され、短歌の創作を始めた[1][2]。2002年の短歌結社誌「」の「10代 20代歌人特集」では写真と共に紹介されている。

歌集出版までの経緯編集

様々なコンクールに応募を開始すると同時に頭角を表すようになり、まもなく現代歌人協会主催の全国短歌大会の選者賞や全日本短歌大会日本歌人クラブ賞を始めとする多くの賞を受賞し、2004年には同志社女子大学主催の高校生短歌コンクールのSEITO百人一首の入選作品をまとめた『ピクルスの気持ち』に掲載され晃洋書房から出版された。その後、岡井隆が主宰していた未来短歌会や、様々な歌人が開催する歌会への参加を経て[3][4]今野寿美の誘いで三枝昂之主宰の短歌結社りとむ短歌会に所属した。高校卒業後はいじめの後遺症による入院や通院をしながら早稲田大学の通信制を卒業し、2010年には現代短歌評論賞の最終候補に選ばれる。その後は書店のアルバイトや研究機関の事務の契約社員など非正規雇用で働きながら短歌の創作を続けていた。2014年に第5回角川全国短歌大賞準賞とNHK全国短歌大会の第1回近藤芳美賞の選者賞(岡井隆選)を受賞。2015年、朝日歌壇賞や全日本短歌大会毎日新聞社賞を受賞。翌年、2016年にはNHK全国短歌大会にて作品が特選に選ばれ、また全日本短歌大会で2回目の日本歌人クラブ賞を受賞した。2017年に2度目となる近藤芳美賞選者賞を受賞。2017年1月18日の朝日新聞夕刊連載の『あるきだす言葉たち』にて『模索の果て』が掲載される[5]

歌集『滑走路』出版編集

2017年に歌集『滑走路』の出版が決まり、5月には執筆が終わりあとがきの原稿をKADOKAWA編集部に提出した。本のタイトルや表紙、構成は自ら全て決めていたとされる。しかし、長期間いじめを受けてきたことに起因する精神的な不調が続いており、2017年6月8日に自死した[6][7]。享年32歳である。角川短歌誌では三枝昂之による追悼短歌が掲載され、SNS上では生前に交友があった奥村晃作などの歌人から惜しむ声が寄せられた[8]。また、りとむ短歌会の短歌結社誌『りとむ』2017年9月号では、今野寿美の追悼文が載せられた。その後、歌集はKADOKAWAによって引き続き刊行に向け準備され、12月13日には弟の萩原健也によって正式な日程がTwitter上で発表され[9]、2017年12月26日に歌集『滑走路』が角川書店より発売された[10]。本の帯には萩原慎一郎が短歌を始めるきっかけとなった俵万智の推薦文が寄せられた。

短歌の分野では、一般的な書籍の出版方法とは異なり、作者による自費出版が通例であるため、当初、『歌集 滑走路』も遺族による500冊からの自費出版[11][12]となったが、発売間もなく話題となり、2018年2月19日付朝日新聞夕刊社会面で紹介されたのを皮切りに、人気を博し1年弱で8回の増刷を重ね、発行部数が3万部となり、NHKニュースウオッチ9や角川短歌、ダ・ヴィンチ[13]毎日新聞などの多くのメディアに取り上げられた。また、10月16日にはクローズアップ現代+で発行部数が通常の短歌集の200倍に達している異例のヒット作として特集された[14]。また同時に歌集滑走路に未収録の短歌が1000首以上存在している事が公表された。12月26日に歌集滑走路が紀伊國屋書店が毎年発表しているお勧め書籍ベスト30「キノベス!2019」の8位に選出された[15]アメリカでは、翻訳がされていない原本の販売が開始し、韓国のKBSニュース9などの海外メディアからも日本で話題の本として多く紹介され、サンフランシスコ公共図書館やオーストラリアのニューサウスウェールズ州立図書館にも蔵書されるなどした[16]

映画化編集

2020年3月25日に『歌集滑走路』が角川大映スタジオ埼玉県NHKNTTコミュニケーションズなどが共同出資しているSKIPシティの共作の元で、映画化される事が発表された[17]。監督は大庭功睦が務め、浅香航大水川あさみ寄川歌太染谷将太坂井真紀吉村界人水橋研二木下渓池田優斗らが出演することが決まっている。

また、2020年9月24日に角川文庫より『歌集 滑走路』 の文庫本が発売予定である。あとがきの解説は新たに芥川賞作家の又吉直樹が執筆する。短歌のみで構成された個人歌集が角川文庫より発行されるのは、寺山修司『寺山修司青春歌集』などの1970年代以来の事となる[18]。文庫本と同日に映画をノベライズ化した小説も発売される。

主な受賞歴編集

角川全国短歌大賞・角川全国俳句大賞編集

  • 2013年3月
    • 第4回角川全国俳句大賞 東京都賞受賞。
    • 第4回角川全国短歌大賞 与謝野晶子短歌賞姉妹賞、東京都賞、特選(岡井隆選)受賞。
  • 2014年1月 第5回角川全国短歌大賞 準賞、特選(岡井隆選)、秀逸(馬場あき子選)受賞[19]
  • 2015年1月 第6回角川全国短歌大賞 秀逸(馬場あき子選)受賞。
  • 2016年1月 第7回角川全国短歌大賞 佳作(馬場あき子選)受賞。
  • 2017年2月 第8回角川全国短歌大賞 題詠準賞、東京新聞賞、秀逸(佐佐木幸綱選)、佳作(馬場あき子選)受賞[20]

全日本短歌大会編集

  • 2004年7月 第25回全日本短歌大会 学生の部B 佳作賞受賞。
  • 2005年7月 第26回全日本短歌大会 日本歌人クラブ賞受賞。
  • 2011年9月 第32回全日本短歌大会 優良賞受賞。
  • 2013年9月 第34回全日本短歌大会 優良賞受賞。
  • 2015年9月 第36回全日本短歌大会 毎日新聞社賞受賞。
  • 2016年9月 第37回全日本短歌大会 日本歌人クラブ賞受賞[21]

NHK全国短歌大会編集

  • 2014年1月 平成25年度第15回NHK全国短歌大会 第1回近藤芳美賞 選者賞 (岡井隆選) 『滑走路』受賞[22]
  • 2016年1月 平成27年度第17回NHK全国短歌大会 特選(馬場あき子選)受賞。
  • 2017年1月 平成28年度第18回NHK全国短歌大会 第4回近藤芳美賞 選者賞(岡井隆選) 『プラトンの書』受賞。

全国短歌大会 (現代歌人協会主催)編集

その他編集

  • 2002年12月 同志社女子大学主催「SEITO百人一首」 短歌コンクール 入選。
  • 2003年
    • 1月 第7回「あなたへの想い」全国コンテスト 入選。
    • 4月 第一回西行記念箱根短歌賞 佳作受賞。
    • 6月 NHK学園 第三回ネット短歌コンクール 入選。
    • 10月 第23回全国万葉短歌大会 万葉賞受賞。
  • 2004年10月 第24回全国万葉短歌大会 佳作受賞。
  • 2008年9月 第57回源実朝を偲ぶ仲秋月伊豆山歌会 人位(岡井隆選)、次点(三枝昂之選)受賞。
  • 2009年
    • 2月 第14回前田純孝賞学生短歌コンクール 大学生の部 神戸新聞社賞受賞。
    • 9月 第23回全国短歌フォーラムin塩尻 入選。
  • 2010年7月 第21回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 佳作特別賞受賞。
  • 2010年10月 第28回現代短歌評論賞 最終候補。
  • 2012年7月 第23回伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 佳作特別賞受賞。
  • 2013年
    • 6月 産経新聞社主催 第19回与謝野晶子短歌文学賞 一般部門入選[24]
    • 11月 第25回葉桜短歌賞 一般の部 佳作受賞。
  • 2015年1月 第31回朝日歌壇賞 馬場あき子選
  • 2016年
    • 6月
      • 上田三四二記念「小野市短歌フォーラム」入選。
      • 産経新聞社主催 第二十二回与謝野晶子短歌文学賞 秀逸受賞。
    • 10月 現代歌人協会 佳作第二席(千々和久幸選)受賞。
  • 2018年12月 紀伊國屋書店「キノベス!2019」 8位選出。

著作編集

歌集編集

選集編集

その他編集

  • 多摩都市モノレール中吊り広告『五行歌~モノレールから言葉の贈りもの~』(2016年1月)
  • いりの舎 月刊うた新聞2016年11月号(第56号)『ライムライト 上の世代と下の世代』(2016年11月)
  • 現代短歌社 現代短歌新聞 平成28年12月号(第57号)現代歌人『歌詠む理由』(2016年12月)
  • 多摩都市モノレール中吊り広告『五行歌~モノレールから言葉の贈りもの~』 (2017年1月)
  • 朝日新聞 あるきだす言葉たち『模索の果て』(2017年1月18日)

評価・エピソード編集

  • ステファヌ・マラルメポール・ヴェルレーヌなどのフランス象徴主義の詩も好んでおり、作品内でも登場する[25]。また早稲田大学の卒業論文は寺山修司についての研究であった[26]
  • 第1回近藤芳美賞選者賞や第4回近藤芳美賞選者賞受賞時には、岡井隆から知的な作風で技巧のある人物だと評されていた[27]
  • 萩原慎一郎が参加していたりとむ短歌会の主宰である三枝昂之は、歌集滑走路の原稿を本人から読ませてもらったときには、すでに修正が一切不要な完成度の高いものであったと歌集滑走路の解説で後に書いている。
  • 高校時代の教諭から同窓会に誘われたときの断りのメールの一部として以下のように残っている[28][29]。「最近思うんです。どう考えても、納得できないような事態と遭遇してしまう人たちが実際にいること。でも力強く生き抜いている、そんな姿を見ると心打たれる。誰からも否定することのない輝きを有しているからです。だから、ぼくはうたうんだと思います。誰からも否定できない生きざまを提示するために。」このメールは、初期の歌集滑走路の帯のキャッチコピーにも引用されていた。
  • 10代から短歌や歌会などを通じて交友があった奥村晃作は、他人を傷つけることを嫌う心優しい青年であったと語っている。短歌に関しては、通常の口語で詠む短歌とは異なり、初期の頃は文語短歌やミックス短歌による表現が主体で、晩年から完全口語短歌を一大テーマとして文語短歌を基本に試行錯誤して口語短歌へと作り上げていった歌人であったと評価している[30]
  • 芸人の有吉弘行はNHKニュースウオッチ9で歌集滑走路を知り、短歌に興味を持ったとし、自身がパーソナリティを務める深夜ラジオ番組の「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」で短歌コーナーを開始させた。番組宛てに版元の角川書店から歌集滑走路が謹呈されたが、すでに有吉弘行は購入済みであったため視聴者プレゼントとなった。
  • 歌人の今野寿美は人並ではない創作意欲で次々と短歌を作っていたと語っている。また歌集滑走路の制作にあたっては他人に口を挟ませないくらいの意気込みがあり、同時にそれだけの実力があったと評価している。また自身の苦しい思い出に染め上げず、社会の声なき声を声にした歌集だと毎日新聞やNHKのインタビューに答えている[31]
  • 2018年のNHKニュースウオッチ9の特集では、萩原慎一郎が10代の時や亡くなった日に詠った短歌も何首か紹介されており、自分の鞄が教室のごみ箱に捨てられている中高時代のいじめの様子を詠った短歌などもある。
  • 歌集滑走路の発売当初から弟でギタリスト萩原健也が、萩原慎一郎や歌集滑走路に関する広報活動をメディアやSNSなどで行っている。政治評論家姜尚中高浜市で行った歌集滑走路に関する講演で、「萩原慎一郎は短歌が無ければテロリストになっただろう」と発言した事に対し、大きな誤りであり人に優しく自分に厳しい自戒的な人物だと反論した[32]。またKBSのテレビ取材では、非常に優秀で弟に優しい兄であったとした上で「どんなに馬鹿にされても、短歌で這い上がってやるという意志があったと思います。」と答え、非正規労働の短歌に関しては「現状を自分で変えられない中、お互い非正規であるけど頑張っていこうという意味が込められているのだと思います。」と語った[33]
  • 俵万智はいじめや非正規労働の経験が他者への攻撃や恨みになるのではなく、弱者に寄り添い短歌を作り続けたところに、萩原慎一郎の人間性の深さがあり、社会詠のみならず相聞歌もシンプルかつ、言葉を深く使い胸を打たれると評価している。また、短歌大会の授賞式後のパーティーで、萩原と会話したときに短歌を初めたきっかけが自身であると聞かされ、非常に嬉しかったがそれが最初で最後の会話となってしまったと後に語っている[34]

メディア編集

映画編集

小説編集

テレビ編集

新聞編集

  • 朝日新聞 2018年2月19日付夕刊社会面『いじめ・非正規… 32歳・萩原慎一郎さんが遺した歌集』
  • 朝日新聞 2018年11月3日付朝刊読書面 売れてる本『絶望の中でも前を向く勇気』文:佐佐木定綱
  • 日本経済新聞 2018年11月3日付朝刊読書面 ベストセラーの裏側『響く「非正規」へのエール』
  • 毎日新聞 2018年11月20日付夕刊特集ワイド『故・萩原慎一郎さん歌集「滑走路」ベストセラーに 「素直に弱さ表現」に共感 苦悩抱えた人にエール』
  • 西日本新聞 2019年1月21日付夕刊『遺作歌集が異例のヒット 萩原慎一郎さん「非正規」の直情詠む』
  • 西日本新聞 2019年10月7日付文化面『【俵万智の一首一会】非正規の翼 弱者に寄り添いエール』
  • 読売新聞 2020年6月9日付文化面 「萩原慎一郎さんの遺作 歌集『滑走路』を映画化」

雑誌・Web編集

  • 角川短歌 2018年7月号 『特別座談会 歌集『滑走路』を読む』(今野寿美真中朋久カン・ハンナ佐佐木定綱)
  • 週刊文春 2018年6月17日 『夭折の非正規社員が遺した歌を、私たちはどう読めばいいのか?』
  • 全国ラジオネットワーク 「ベストセラーを読んでみた」 2018年7月16日放送 『#173 滑走路/萩原慎一郎』出演:徳永有美
  • カドブン 2018年9月5日 『32歳で命を絶った「非正規歌人」の歌集『滑走路』に込められた思いとは――。【特別座談会】』
  • ダ・ヴィンチ 2018年10月15日 『いじめ、非正規、叶わぬ恋――32 歳で命を絶った若き歌人の叫び『滑走路』』
  • 武蔵野樹林 Vol.2 2019春「採録 萩原慎一郎歌集『滑走路』を読む──社会の詩学 姜尚中
  • 生活クラブ 2019年6月7日 オリジナルレポート 『歌集「滑走路」誕生秘話 角川書店「短歌」編集部 石川一郎さん、住谷はるさん』

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2017年12月26日発売『滑走路』(角川書店)あとがきより
  2. ^ 2015年1月5日発行朝日新聞朝刊 『朝日歌壇・俳壇』コーナーの第31回朝日歌壇賞のコメントより
  3. ^ 萩原慎一郎氏の短歌。”. カームラサンの奥之院興廃記. 2018年2月24日閲覧。
  4. ^ 「未来」2004年6月号 146ページ 岡井隆の文より
  5. ^ (あるきだす言葉たち)模索の果て 萩原慎一郎”. 朝日新聞. 2017年7月7日閲覧。
  6. ^ 物故者”. 武蔵高等学校同窓会. 2017年7月7日閲覧。
  7. ^ 朝日新聞2018年2月19日付夕刊社会面より
  8. ^ 奥村晃作公式Twitter”. 奥村晃作. 2018年2月24日閲覧。
  9. ^ Kenya Hagihara 公式Twitter”. 萩原健也. 2018年2月24日閲覧。
  10. ^ 角川『短歌』編集部公式ツイッター”. KADOKAWA. 2018年1月2日閲覧。
  11. ^ 萩原慎一郎さんの遺作 歌集『滑走路』を映画化”. 読売新聞. 2020年6月15日閲覧。
  12. ^ Instructor”. Haluna Guitar Studio. 2020年6月15日閲覧。
  13. ^ いじめ、非正規、叶わぬ恋――32 歳で命を絶った若き歌人の叫び『滑走路』”. ダ・ヴィンチ. 2018年10月23日閲覧。
  14. ^ いじめ 非正規 恋… 歌に託した人生 ~ある歌集・異例のヒット~”. NHK. 2018年10月23日閲覧。
  15. ^ 紀伊國屋書店スタッフが全力でおすすめするベスト30「キノベス!2019」を発表”. 共同通信. 2018年12月27日閲覧。
  16. ^ 2019年12月4日投稿”. 萩原健也. 2020年8月13日閲覧。
  17. ^ 水川あさみベストセラー短歌集に着想得た映画「滑走路」で主演 浅香航大、寄川歌太も”. 毎日新聞. 2020年3月25日閲覧。
  18. ^ Twitterの8月5日投稿”. 萩原健也. 2020年8月5日閲覧。
  19. ^ 「第5回角川全国短歌大賞」結果発表!”. 角川文化振興財団. 2017年7月10日閲覧。
  20. ^ 「第8回角川全国短歌大賞結果発表”. 角川文化振興財団. 2017年7月10日閲覧。
  21. ^ “全日本短歌大会 受賞者を表彰”. 毎日新聞. (2016年9月17日). http://mainichi.jp/articles/20160918/k00/00m/040/028000c 2017年7月7日閲覧。 
  22. ^ 近藤芳美賞(近藤芳美賞・選者賞・選者奨励賞) (PDF)”. 学校法人日本放送協会学園. 2017年7月7日閲覧。
  23. ^ 11月30日ツイート投稿より”. 萩原健也. 2018年12月8日閲覧。
  24. ^ 第19回与謝野晶子短歌文学賞 一般部門 入賞作品 (PDF)”. イベントスクランブル. 2017年7月10日閲覧。
  25. ^ 歌集 滑走路137ページより
  26. ^ 公式Twitterアカウント”. 萩原健也. 2019年12月11日閲覧。
  27. ^ 第4回近藤芳美賞 (PDF)”. 学校法人日本放送協会学園. 2018年11月6日閲覧。
  28. ^ いじめ・非正規… 32歳・萩原慎一郎さんが遺した歌集”. 朝日新聞. 2018年11月6日閲覧。
  29. ^ いじめ 非正規 恋… 歌に託した人生 ~ある歌集・異例のヒット~”. NHK. 2018年11月6日閲覧。
  30. ^ 11月13日の奥村晃作Twitterより”. 奥村晃作. 2018年11月16日閲覧。
  31. ^ 故・萩原慎一郎さん歌集「滑走路」ベストセラーに 「素直に弱さ表現」に共感 苦悩抱えた人にエール”. 毎日新聞. 2018年11月25日閲覧。
  32. ^ 1月29日 @kenyahagiharaツイート”. 萩原健也. 2019年7月24日閲覧。
  33. ^ ‘청년고용 천국’ 일본? “열정페이에 오늘도 웁니다””. KBS. 2019年3月1日閲覧。
  34. ^ 【俵万智の一首一会】非正規の翼 弱者に寄り添いエール”. 西日本新聞. 2019年10月14日閲覧。

関連項目編集