萩野 純一郎(はぎの じゅんいちろう、- 2007年)は、日本の計算機科学者・プログラマー。愛称は「Itojun[1]

KAMEプロジェクト等、IPv6関連の開発を行い、またその普及についても力を注いていた[2]。2007年に37歳で死亡[1]

2009年からIETFでは、IPv6の開発・普及・展開へ尽力した者に対して、萩野の遺族や友人の寄付を運営資金とする「Itojun賞(Itojun Service Award)」が設けられた[3][4][1]。本項ではItojun賞についても記載する。

主な著書編集

Itojun賞編集

詳細は、ISOCのページを参照。

受賞者編集

第1回受賞者(2009年)

  • Lorenzo Colitti
  • Erik Kline

第2回受賞者(2010年)

  • Bjoern A. Zeeb

第3回受賞者(2011年)

  • Alexandre Cassen
  • Rémi Després

第4回受賞者(2012年)

  • John Jason Brzozowski
  • Donn Lee
  • Paul Saab

脚注編集

  1. ^ a b c 第1回Itojun賞はGoogleのLorenzo Colitti氏とErik Kline氏へ - Internet Watch
  2. ^ [1]
  3. ^ Itojun Service Award - Internet Society
  4. ^ Itojun Service Award、ISOCに設置 - WIDEプロジェクト

関連項目編集

外部リンク編集

  • itojun.org(萩野本人が運営する個人ホームページ)