メインメニューを開く

萬年社

かつての日本の広告代理店

株式会社萬年社(まんねんしゃ)は、かつて大阪市中央区に本社を構えていた日本最古の広告代理店である。

株式会社萬年社
Man-Nen-Sha Inc.[1]
Japan central petit Japan store.JPG
旧・本社ビル
ジャパン本社に転用後・現在は解体済み)
種類 株式会社
本社所在地 541-0047
大阪府大阪市中央区淡路町1-5-13[2]
設立 1890年6月1日[3]
業種 サービス業
関係する人物 高木貞衛(創業者)
テンプレートを表示

概要編集

1890年に元新聞記者だった高木貞衛によって広告取次業として設立。当時の地元紙「大阪毎日新聞(現:毎日新聞大阪本社)」「大阪朝日新聞(現:朝日新聞大阪本社)」と提携し、全国紙化に多大な貢献を残し、一気にその勢力を拡大。大正時代には雑誌「広告論叢」「広告年鑑」を刊行。こうした大阪での活動を足がかりに全国的企業に発展した。

しかし、戦後は電通などに最大手の座を譲って徐々に地位が低下、平成期には上位10社圏外となる。

さらに東京一極集中により、関西に本社を置いていたスポンサー企業が相次いで東京に移転して経営が悪化したのに加え、それに伴う不渡りなどの影響からおよそ150億円ほどの負債を抱え、1999年、自己破産を申請して倒産した。

なお同社の所蔵資料は大阪市立近代美術館(建設準備室)が購入・保管しており、現在大阪メディア文化史研究会が大阪市立大学を拠点に分析作業を進めている[4]

本社ビル(泊園書院跡地[注 1]に1971年竣工[6])はディスカウントストアジャパンスギホールディングス傘下)が買い取り、スギホールディングスに吸収合併されるまで同社の本社としていた。

歴代スタッフ編集

コピーライターとして在籍していた時期あり。後に作詞家に転向。1980年代に数多くのヒットソングを世に送り出したことで彼の名を有名とした。
  • 衛藤 公彦えとう きみひこ
1930年8月29日生[7]大分県出身[7]法政大学法学部卒業[7]。1955年に萬年社入社。テレビ制作部長・媒体局長として、『正義を愛する者 月光仮面』(1972年)、『愛の戦士レインボーマン』(1972年)、『まんが日本昔ばなし』(1975年)などを担当した[7]
萬年社倒産後、萬年社のテレビ作品の版権管理会社「有限会社エム・シー・シー」を設立し代表取締役となった[7]
2003年8月死去。衛藤の死去後、エム・シー・シーに関与していた「安田清彦」が経営を引き継いでいる。[8]
退社後はテレビのクイズ番組等の構成を手がけた。
  • 中川静
神戸高等商業学校教授

メディア関与作品編集

バラエティ・クイズ番組編集

アニメ編集

特撮・テレビドラマ編集

ビデオ編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ このため、同ビルにはその旨の碑が立てられていた[5]

出典編集

  1. ^ 100年史 1990, p. 513
  2. ^ 100年史 1990, p. 456
  3. ^ 100年史 1990, p. 466
  4. ^ 萬年社コレクション 調査研究プロジェクト
  5. ^ 100年史 1990, p. 323
  6. ^ 100年史 1990, p. 324
  7. ^ a b c d e 『レインボーマン ダイヤモンド・アイ コンドールマン大全』双葉社、2002年7月30日、62頁。ISBN 4-575-29442-X
  8. ^ [1]個人HP「WILD7 WORLD on WEB」内「衛藤さんを偲ぶ」より(安田本人からの寄稿)
  9. ^ キングレコード発売のシングル盤(K06S-3043)ジャケットに掲載された、当時の著作権表記より。
  10. ^ 100年史 1990, pp. 385-386

参考文献編集

  • 『萬年社広告100年史』編集:萬年社100年史編纂委員会、萬年社、1990年6月1日。