萬氏尸逐侯鞮単于

萬氏尸逐侯鞮単于(ばんししちくこうていぜんう、拼音:Wànshìshīzhúhóudīchányú, ? - 124年)は、中国後漢時代の南匈奴単于湖邪尸逐侯鞮単于の子。萬氏尸逐侯鞮単于というのは称号で、姓は虚連題氏、名はという。

生涯編集

湖邪尸逐侯鞮単于の子として生まれる。

永元10年(98年)、従兄の亭独尸逐侯鞮単于薨去すると、檀が萬氏尸逐侯鞮単于として即位した。単于檀は連年、軍を出して逢侯を討ち破り、逢侯の衆は急速に困窮していった。

永元16年(104年)、北単于は漢の朝廷に使者をよこして和親を願った。しかし朝廷の返答はなく、ただ厚く賞賜を加えただけであり、翌年(105年)も使者をよこしたが同様の対応だった。

永初3年(109年)、南単于に随従している漢人の韓琮が漢に入朝して帰国し、単于に「関東で洪水があって、人民は飢餓死しており、漢を撃つのは今です」と説いた。単于檀はこれを信じ、挙兵して使匈奴中郎将耿種を美稷にて攻撃した。これに対し朝廷は行車騎将軍何熙・副中郎将の龐雄を派遣して討伐した。

永初4年(110年)、単于檀は千余騎を繰り出し、常山中山を侵略した。朝廷は西域校尉梁慬行度遼将軍とし、遼東太守耿夔とともにこれを撃破させた。単于檀は使者を送って降伏を願い出て、龐雄らに対し帽子を脱いで陳謝した。朝廷はこれを許し、処遇も元の通りとした。

建光元年(121年)、鮮卑が辺境を寇掠したので、度遼将軍の耿夔は温禺犢王呼尤徽とともに、新降者を率いて連年長城を出て鮮卑を討伐し、新降者を得ては要害の地に配し、また出兵があればその新降者を徴兵したので、耿夔は新降者の反感を買っていた。(これが原因でのちに反乱が起こる)

延光3年(124年)に薨去し、代わって弟の抜(烏稽侯尸逐鞮単于)が立った。

参考資料編集