メインメニューを開く

萬緑」(ばんりょく)は、俳誌。1946年10月、戦前の「成層圏」(1937年-1941年)のメンバーが中心となり、中村草田男を主宰として創刊。草田男は創刊号で「芸と文学の一致」を目標に掲げた。1953年より萬緑賞を制定、1956年より同人制をしく。評論活動も活発で根源俳句、社会性俳句季題論などについての時評・論評が盛んに行われた。1983年の草田男死去後は主宰をおかず、香西照雄北野民夫成田千空(いずれも創刊参加者)らが選者を務めるとともに、草田男俳句の輪講掲載など草田男研究の場として発行を継続していたが、2017年3月号をもってその70年に及ぶ歴史を閉じた。

主な参加者編集

括弧内は各自の主宰誌。退会者なども含む。

参考文献編集

  • 横澤放川 「萬緑」 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年、466頁
  • 吉野洋子 「万緑」 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年、146頁

外部リンク編集