落合信子

落合 信子(おちあい のぶこ、1944年9月18日 - )は、タレント。元プロ野球選手・監督の落合博満の妻。声優落合福嗣の母。

長野県飯田市出身。飯田女子高等学校卒業、血液型はA型。

目次

来歴編集

高校を卒業後に上京し、貴金属の販売員を経て、ホステスをしていた1980年頃に当時ロッテオリオンズに在籍していた博満と知り合い、1983年に結婚。1987年8月20日に長男・福嗣が誕生。

時間を経るとともに、博満の夫人ということ以外にも特異なキャラクターを買われ、テレビなどにも1人でゲストとして出演することが増えていった。一番出演が増えたのが、一連のミッチー・サッチー騒動時である。この騒動が長引くにつれ、当時の関連主要人物の1人としてテレビ番組にひっぱりだこであり、アクの強いキャラクターの中で、主に正論を発する役割を担った。

逸話編集

人物編集

マスコミ、外部に対しては夫のことを「落合」と呼んでいる。

博満がロッテ時代でまだ一軍半であった時期、当時信子が経営するスナックバーの常連客であった。信子は博満に対して「才能のあるあんたが何故、年俸360万円なの? 私よりも稼ぎが少ないじゃない![1]と揶揄しながらも「アンタはプロ野球選手として一体何がしたいの?」と問い質すと、博満は「三冠王首位打者最多本塁打最多打点)になりたい」と答える。すると信子は「じゃ、あんた歯治しなさい」と数百万円を提供して歯の治療・矯正をさせた。

1982年に博満が最初の三冠王を獲った時、本塁打数が32本だった。本塁打数を増やそうと悩む博満に「ホームランいっぱい打っているのは、ブーマーバース門田博光さんみたいな太っている人じゃない? 太りなさいよ!」という理由で、翌日から食卓には相撲部屋並みの料理が並んだ。また、博満が試合でノーヒットの時は必ずおかずにタコを出していた[2](他のプロ野球選手はゲンを担ぐためタコは食べないと言われている)。

但し、最初の三冠は個々の数字が突出した結果でなかった為、『落合はラッキー』という声もあった。また1983年1981年から3年連続で首位打者となったが、翌1984年は首位打者・最多本塁打・最多打点の何れもタイトルを逃す。それに信子は「悔しいのなら三冠王をもう一度獲れ。そしたら王さんに並ぶよ」とハッパをかけた。1985年は文句無しの好成績で3年ぶり2度目の三冠王、当時のマスコミ・世間は落合を絶賛。しかし、信子だけは周囲からの評価にも一切惑わされず「まだ王さんに並んで満足しちゃダメ。世界の王を抜いてみなさいよ!」と、気合いを入れ直す。すると落合は、翌1986年も前人未到だった通算3度目の三冠王を獲得、世間から『悪妻』のレッテルを貼られ続けた信子夫人への批評が一変した[1]

1985年オフのロッテ退団騒動の時、番記者が信子本人のコメントが欲しいということで、自宅にて取材に答えた。その時の「落合は野球以外のことに煩わされると『引退します』と言いかねない」という談話が、どういう訳か「私が落合を引退させる」という記事になり、博満が大激怒し「明日引退する!!記者会見を開く!!」という騒動になったことがある。

博満の打席をテレビ中継で見る際、画面に定規をあて、打席での腕の構えや足の位置、スイングが波を打っていないかなど細かくチェックし、帰宅した博満に好調時とのズレを逐一報告していた。また、博満がスランプに陥った時に「ストライクはあの狭いホームベースの上を必ず通るんでしょ。じゃあそこを通ったボールだけを打てばいいんじゃない」とアドバイスをしたところ、次の日から落合はスランプを脱したという。

ロッテ時代に時折ソープランド通いをしていた博満に「私が浮気したらどうする? キミは、遠征先とかでソープランドへ行ったりしているんでしょう。ねぇ、どうなの?」と聞いた。すると博満は「ソープランドが浮気かよ! 性処理ならいいじゃねえか!」と開き直った。信子はこの発言に「この男は、ひょっとすると私の想像をはるかに超えた大物かもしれない」と脱帽したという。そして博満が買ってきた男性週刊誌を「教材」に勉強し、夫婦生活についていかに研究不足かを思い知らされ、ソープをわが家でやってみようと思い立ち、耳学問ながらソープの技術をマスターした。その後、博満に「あとで、ソープランドごっこしてあげるからお客さんになりな」と言って準備の様子を見せたところ、それを機に博満のソープ通いは収まったという[3]

テレビ等で見る姿とは違い、選手やその家族、スタッフへの気配りも上手く、中日がリーグ優勝(2007年は日本一)した際には、毎年ビールかけにも参加している。2004年の祝勝会の席でもビールかけの会場に息子・福嗣と一緒にいた。しかし、福嗣が当時高校生だったことを忘れて、そのままビールかけに参加させ、全身ビールでびしょ濡れになった。この件では福嗣が国士舘高校野球部の部員であったことに加え、このシーンが全国にテレビ中継されていたため、日本高等学校野球連盟も看過できなくなり、後に博満・信子・福嗣が親子揃って厳重注意を受けた(厳密にはビールかけについてではなく、学生野球憲章で野球部員のプロ選手との写真撮影やテレビ出演などを禁じていたため)。

他球団の選手とも交流があり、現役時代の博満と本塁打王争いをしていた秋山幸二に「いつまでも主人のいいライバルでいてくださいね」[4]と声を掛けたことがある。

博満のロッテオリオンズ在籍時から東京に現在の居を構えた都合、中日での現役時代(1987年1993年)と、2004年からの監督就任時には博満に単身赴任をしてもらっていたが、頻繁に名古屋へ訪れ(川崎球場ナゴヤ球場東京ドームナゴヤドーム)、2005年からは福嗣の勧めもあり、名古屋に住み込んで夫を陰から支えていた。

博満の監督時代は息子の福嗣共々、ナゴヤドームに足を運び、一般のファン同様にレプリカユニフォーム(夫のもの)に身を包み、頭にはファングッズの「ドアラの耳」を付け、自軍ベンチの真上から観戦していたこともあった。

巨人・落合博満誕生編集

1993年シーズンオフより導入されたFA権を行使しようか悩んでいた博満に対し「これまで(年俸調停、初の1億円、2億円、3億円プレーヤーなど)野球選手のステイタスを向上させてきたあんたが先陣を切らないでどうすんのよ!」と進言し、半ば強引に博満に権利を行使させた。その結果、プロ入り前の相思相愛の関係であった長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツ(巨人)に移籍する。

巨人・退団時編集

1996年オフ、清原和博の巨人へのFA移籍が取り沙汰されると、博満だけでなく信子の発言や動向に注目が集まるようになる。当初、博満本人に対して十分な説明なく清原の入団交渉が進められているのではないかという印象を持った信子は反発の姿勢を見せ、スポーツ新聞一面に、博満夫妻の自宅前での写真入りで「おっかあ怒った」などと報道された。

結果的に守備位置が重複してしまう博満は、出場機会を選び、巨人からの退団を決断。博満の名誉を保ちながら綺麗な形で退団させるかについて球団は苦慮し、渡邉恒雄オーナー自らが、博満と会見(一種のセレモニー)まで行っている。信子はこの場に同席し、オーナーに花束を渡されている。この模様はテレビでも大々的に取り上げられた。博満は日本ハムファイターズに移籍した。

中日・落合博満監督誕生編集

中日の球団から博満宛てに「中日の監督を務めて貰いたい」との電話が掛かってきた。博満自身は当時国士舘大学に進学を控えていた長男の福嗣のこともあり、断ろうとしていたものの、返答できず躊躇していたが、この躊躇の状態に信子は怒りを発し「何でもやってみなさいよ!」と叱咤激励し、広告の裏にマジックペンで「GO」と書いて承諾するように指示。これを見た博満が「はい、分かりました」と答え、決意するに至ったという。

出演番組編集

テレビCM編集

  • アオキーズ・ピザ(2006年)「ドラゴンズ応援キャンペーン」実施期間中に放送。息子である福嗣と共演した。

著書編集

  • 悪妻だから夫はのびる―男を奮い立たせる法(1986年)
  • 天下の悪妻「亭主しつけ法」(1987年)
  • 悪妻だからまだまだ夫はのびる―男への鞭の入れ方(1991年)
  • 一心同体―愛と人生、成功のセオリー(2004年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b プロ野球選手の「女王妻」ランキング(3)asagei+plus 2012年2月9日記事
  2. ^ 悪妻だから夫はのびる 男を奮い立たせる法
  3. ^ 著書『悪妻だから夫はのびる』(光文社)168~169頁。なお、博満のソープ通いのエピソードについては、愛甲猛著『球界の野良犬』(95頁)でも出ている。
  4. ^ “ライバルに勝った秋山監督 現役で超えられなかった落合監督の壁”. スポーツニッポン. (2011年11月21日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/11/21/kiji/K20111121002076140.html 2011年11月21日閲覧。