落合 登(おちあい のぼる)は、日本の元アマチュア野球選手(投手)。

落合 登
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県北島町
生年月日 1952年
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴・人物編集

鳴門高校では、エースとして、活躍する。1970年第42回選抜高等学校野球大会では笹本信二とバッテリーを組んで勝ち進み、準々決勝では淡口憲治羽田耕一のいた三田学園高校に1-0で完封勝利。しかし準決勝で北陽高校に2-6で敗れる[1]。同年夏は南四国大会準決勝で高知商業高校の中沢一彦投手(法大三菱自動車川崎)に抑えられ敗退、甲子園の出場を果たすことはなかった。

高校卒業後は、四国鉄道管理局に入社する。1974年第1回社会人野球日本選手権大会に出場し、準決勝までに進んだ。しかし、エースの田村忠義らが擁する日本鋼管福山に敗れた。また、表彰選手にも選ばれた。同年のドラフト会議近鉄バファローズから3位指名を受けたが、入団を拒否し、チームに残留した[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 過去のドラフト 第10回(1974年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年7月1日閲覧。

関連項目編集