葉 文玲(よう ぶんれい、1942年11月4日 - )は、中華人民共和国の小説家[1]。代表作に小説『無夢谷』『無桅船』『無憂樹』。

葉 文玲
誕生 (1942-11-04) 1942年11月4日(78歳)
中華民国の旗 中華民国 浙江省玉環県楚門鎮
職業 小説家
言語 中国語
最終学歴 黄岩高中
ジャンル 小説
代表作 『無夢谷』
『無桅船』
『無憂樹』
配偶者
王克起 (m. 1962)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
葉 文玲
各種表記
繁体字 葉文玲
簡体字 叶文玲
拼音 Yè Wénlíng
和名表記: よう ぶんれい
英語名 Ye Wenling
テンプレートを表示

略歴編集

1942年11月4日浙江省玉環県楚門鎮で生まれる[1]。兄は葉鵬。

13歳の時、処女作『夫妻間的小風波』は『玉環報』副刊掲載された[1]

1957年台州専区黄岩高中に入学した[1]。兄が当局に「反蘇反党」と評され、右派分子として画定されたため、葉文玲は株連を受け、退学を余儀なくされた[1]。葉文玲は退学後、幼稚園教師、工場工人、車間主任、生産科統計員などを担当したことがある[1]

1962年には教員の王克起と結婚[1]

文化大革命の時、葉文玲はこっそりと自宅のミシンに書いた[1]

1963年4月、葉文玲は「春倩的心事」を発表した[1]

1973年2月、葉文玲の小説「当月計画完成的時候」が『文芸作品選』に発表された[1]

1977年、葉文玲の小説『丹梅』、『飄雪除夕』、『年飯』が『人民文学』雑誌に発表され、茅盾の接見を受けた[1]

1979年、葉文玲の『静静的山谷』、『赴考』、『誰是研究所所長』は『解放軍文芸』、『奔流』などの刊行物に発表された[1]。同年に中国作家協会に加入し会員となった[1]

1980年、葉文玲の小説『心香』、『籐椅』、『勿忘草』が発表され、全国短編小説賞、『現代雑誌』栄誉賞を受賞した[1]

1986年、葉文玲は杭州市に引っ越し、浙江省作家協会に配属された[1]1990年、浙江省文連副主席に当選[1]1992年、浙江省作家協会主席兼茅盾文学院院長に就任[1]

1983年から、葉文玲は第6、7、8、9期の全国政治協商委員を続々と務めている[1]

1990年代から、葉文玲は『無盡的人生』(『無夢谷』『無桅船』『無憂樹』)の三部作を書いた[1]

1995年、葉文玲は米国ニューヨーク国際文化芸術センターの「中国文学創作優秀成就賞」を受賞した[1]

1997年、葉文玲は「魯迅文芸賞突出成就賞」を受賞した[1]

2012年、「文玲書院」は浙江省台州市で開館した[2]

作品編集

短篇小説編集

  • 『夫妻間的小風波』
  • 『我和雪梅』
  • 『真戯假做』
  • 『両家親』
  • 『鳳凰阿嬌』
  • 『春倩的心事』
  • 『当月計画完成的時候』
  • 『丹梅』
  • 『飄雪除夕』
  • 『年飯』
  • 『静静的山谷』
  • 『赴考』
  • 『誰是研究所所長』
  • 『心香』
  • 『藤椅』
  • 『毋忘草』

長篇小説編集

  • 『無夢谷』
  • 『無桅船』
  • 『無憂樹』

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 徐忠友 (2012). “葉文玲:歴人生艱難而成文学大家”. 『老年人』 10: 26-27. ISSN 1007-2616. 
  2. ^ 林立 (2018年1月2日). “玉環文玲書院:楚門的文化生活空間” (中国語). 浙江在線. https://zjnews.zjol.com.cn/zjnews/tznews/201801/t20180102_6232088.shtml 2021年1月19日閲覧。