葛巻町

日本の岩手県岩手郡の町

葛巻町(くずまきまち)は、岩手県の北部に位置する岩手郡に所在する町である。

くずまきまち ウィキデータを編集
葛巻町
くずまき秋まつり
葛巻町旗 葛巻町章
葛巻町旗 葛巻町章
1978年12月15日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
岩手郡
市町村コード 03302-2
法人番号 8000020033022 ウィキデータを編集
面積 434.96km2
総人口 5,174[編集]
推計人口、2024年1月1日)
人口密度 11.9人/km2
隣接自治体 盛岡市久慈市岩手郡岩手町下閉伊郡岩泉町九戸郡九戸村二戸郡一戸町
町の木 白樺
(1975年制定)
町の花 はぎ
(1975年制定)
町の鳥 ヤマドリ
(1975年制定)
葛巻町役場
町長 鈴木重男
所在地 028-5495
岩手県岩手郡葛巻町葛巻第16地割1番地1
北緯40度02分23秒 東経141度26分11秒 / 北緯40.03983度 東経141.4365度 / 40.03983; 141.4365座標: 北緯40度02分23秒 東経141度26分11秒 / 北緯40.03983度 東経141.4365度 / 40.03983; 141.4365
葛巻町役場庁舎2023年8月25日撮影
外部リンク 公式ウェブサイト

葛巻町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

概要 編集

町内に散在する牧場農場を活用したグリーンツーリズム、山ぶどうを原料とした「くずまきワイン」の生産、風力発電風車15基)・太陽光発電バイオマス発電バイオガス)などの新エネルギー発電が特徴である。

地理 編集

町の中心部は標高約400m、周囲は1000mを超える山々に囲まれていて、森林は町の86%である。

気候 編集

ケッペンの気候区分によると、葛巻町は湿潤大陸性気候に属する。12月から2月にかけて日平均気温が氷点下となり、寒さが厳しい。降雪量が多く、周辺の自治体と同様に豪雪地帯に指定されている。

冬季に-20℃前後の気温が観測されることが珍しくなく、近年でも2017年1月15日に-20.3℃、2021年1月3日に-21.1℃、2021年1月9日に-22.6℃を観測している。

極値[1] 観測値 観測年月日
最高気温 34.7℃ 2007年8月12日
最低気温 -23.2℃ 1978年2月17日
最大日降水量 146mm 2006年10月7日
最大1時間降水量 49mm 2002年8月19日
最大風速 16.1m/s 2018年10月7日
最大瞬間風速 30.7m/s 2017年9月18日
月最深積雪 114cm 2011年1月1日
葛巻(1991年 - 2020年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C°F 11.9
(53.4)
15.4
(59.7)
19.3
(66.7)
27.6
(81.7)
31.9
(89.4)
33.0
(91.4)
33.8
(92.8)
34.7
(94.5)
32.4
(90.3)
27.0
(80.6)
21.8
(71.2)
16.9
(62.4)
34.7
(94.5)
平均最高気温 °C°F 0.0
(32)
1.0
(33.8)
5.3
(41.5)
12.7
(54.9)
19.1
(66.4)
22.6
(72.7)
25.7
(78.3)
26.7
(80.1)
22.4
(72.3)
16.2
(61.2)
9.5
(49.1)
2.8
(37)
13.7
(56.7)
日平均気温 °C°F −3.8
(25.2)
−3.2
(26.2)
0.5
(32.9)
6.8
(44.2)
12.8
(55)
16.7
(62.1)
20.6
(69.1)
21.3
(70.3)
17.0
(62.6)
10.4
(50.7)
4.4
(39.9)
−1.1
(30)
8.5
(47.3)
平均最低気温 °C°F −8.2
(17.2)
−8.0
(17.6)
−4.5
(23.9)
0.8
(33.4)
6.3
(43.3)
11.3
(52.3)
16.2
(61.2)
17.0
(62.6)
12.4
(54.3)
5.2
(41.4)
−0.5
(31.1)
−5.2
(22.6)
3.6
(38.5)
最低気温記録 °C°F −22.6
(−8.7)
−23.2
(−9.8)
−20.3
(−4.5)
−11.8
(10.8)
−3.5
(25.7)
−0.4
(31.3)
5.6
(42.1)
5.0
(41)
0.2
(32.4)
−4.3
(24.3)
−10.7
(12.7)
−18.8
(−1.8)
−23.2
(−9.8)
降水量 mm (inch) 41.6
(1.638)
38.5
(1.516)
57.8
(2.276)
62.8
(2.472)
75.1
(2.957)
86.2
(3.394)
147.3
(5.799)
157.1
(6.185)
130.9
(5.154)
104.3
(4.106)
72.1
(2.839)
64.3
(2.531)
1,037.9
(40.862)
降雪量 cm (inch) 116
(45.7)
107
(42.1)
76
(29.9)
7
(2.8)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
4
(1.6)
79
(31.1)
384
(151.2)
平均降水日数 (≥1.0 mm) 10.4 9.8 11.4 11.2 10.3 9.8 11.8 11.8 11.4 10.9 12.1 11.8 132.8
平均月間日照時間 47.4 66.6 123.1 160.8 182.9 152.1 131.1 139.1 126.3 119.6 82.4 51.6 1,384.6
出典1:Japan Meteorological Agency
出典2:気象庁[2]

歴史 編集

江戸時代には南部藩に属し、寛文5年(1665年)からは南部藩より分藩した八戸藩に属することとなった。また、盛岡を運ぶ野田街道宿場町として栄えた。廃藩置県の後、北九戸郡葛巻村となり、幾多の変遷を経て岩手郡葛巻町として現在に至る。

沿革 編集

行政 編集

氏名 就任 退任 備考
葛巻村長(官選)
不詳
旧葛巻町長(官選)
不詳
旧葛巻町長(公選)
不詳
葛巻町長(公選)
1 遠藤喜兵衛 昭和30年8月28日 昭和34年8月27日
2 遠藤喜兵衛 昭和34年8月28日 明治38年8月27日
3 遠藤喜兵衛 昭和38年8月28日 昭和42年8月27日
4 遠藤喜兵衛 昭和42年8月28日 昭和46年8月27日
5 高橋吟太郎 昭和46年8月28日 昭和50年8月27日
6 高橋吟太郎 昭和50年8月28日 昭和54年8月27日
7 高橋吟太郎 昭和54年8月28日 昭和58年8月27日
8 高橋吟太郎 昭和58年8月28日 昭和62年8月27日
9 鈴木輝雄 昭和62年8月28日 平成3年8月27日
10 鈴木輝雄 平成3年8月28日 平成7年8月27日
11 遠藤治夫 平成7年8月28日 平成11年8月27日
12 中村哲雄 平成11年8月28日 平成15年8月27日
13 中村哲雄 平成15年8月28日 平成19年8月27日
14 鈴木重男 平成19年8月28日 現職

姉妹都市・友好都市 編集

国内 編集

地域 編集

人口 編集

 
葛巻町と全国の年齢別人口分布(2005年) 葛巻町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 葛巻町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

葛巻町(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より

平成27年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、13.14%減の6,344人であり、増減率は県下33市町村中30位。

放送 編集

ラジオ 編集

町内には、象鼻山にNHK-FM放送葛巻中継局(89.9MHz)が設置されている。

NHKの中波放送IBC岩手放送エフエム岩手は盛岡親局のエリア内ではあるが、山間部が多いために受信しにくい場所も存在する。

テレビ 編集

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP 業務区域
葛巻町 葛巻01エリア放送~
葛巻25エリア放送
JOXZ2AU-AREA~
JOXZ2BS-AREA
32ch 587.142857MHz 770μW 770μW 葛巻町の一部

教育 編集

高等学校 編集

中学校 編集

  • 葛巻町立葛巻中学校
  • 葛巻町立小屋瀬中学校
  • 葛巻町立江刈中学校

小学校 編集

  • 葛巻町立葛巻小学校
  • 葛巻町立小屋瀬小学校
  • 葛巻町立江刈小学校
  • 葛巻町立五日市小学校
 
葛巻郵便局

郵便 編集

郵便局

  • 葛巻郵便局(集配局) (83025)
  • 江刈郵便局 (83157)
  • 小田郵便局 (83239)

簡易郵便局

  • 岩手中村簡易郵便局 (83716)
  • 田部簡易郵便局 (83830)
  • 小屋瀬簡易郵便局 (83842)

交通 編集

 
ジェイアールバス葛巻駅(まちの駅くずまき)

鉄道 編集

町内を鉄道路線は走っていない。鉄道を使用する場合の最寄り駅は、JR東日本東北新幹線および、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線いわて沼宮内駅

バス路線 編集

道路 編集

一般国道 編集

県道 編集

主要地方道 編集
一般県道 編集

イベント 編集

くずまきはしご酒まつり 編集

年により開催される日は異なる。初開催は2013年。

前売り券を購入し、その券で町内各地の飲食店でサービスが受けられる。五店舗以上巡ると景品が当たる。

ベアレンビール&くずまきワインフェスタinくずまき高原牧場 編集

毎年7月初めの日曜日に開催される、2017年で5回目を迎えるイベント。

チケットを購入するとワイン・ビールが飲み放題になる。ジョッキ・グラスは持参が必要。

くずまきワイン&生ビールまつり 編集

毎年7月終わりころにくずまき駅構内にて開催される。

チケットを購入すると、ワイン・ビールが飲み放題となる。

くずまき夏まつり 編集

葛巻小学校グラウンドで開催。

屋台村ほか、打ち上げ花火や盆踊り、抽選会などが行われる。

くずまき秋まつり 編集

毎年9月第4土日に開催される、葛巻大麻八幡宮例大祭。 八幡宮の神輿は初日に同町内の秋葉神社へ郷土芸能(葛巻神楽、葛巻七つ物、葛巻さんさ)をお供に移動、そこで一泊する。

山車は茶屋場組、下町組、新町組、浦子内組の4台が出る。山車人形は、茶屋場組、新町組、浦子内組は一戸町、(橋中組、上町組、一戸町 本組。)下町組は盛岡市から借り上げている。(盛岡観光協会・ 三番組から借りる例も)

各郷土芸能・山車は町内を回り、寄付を受けた家庭・店舗に粗品(郷土芸能はタオル、山車組はその年の山車がプリントされた手拭)を配り、音頭上げや踊りを披露する。初日午後にはパレード、初日夜には山車組踊りの競演・山車展示が行われる。

尚、不作の年は「宮祭り」と称し、山車運行などは行われない。

まちなか紅葉まつり 編集

まちなか活性化協議会が町中心部活性化のため開催するイベント。屋台村他、さまざまな催し物が開催される。

雪だるまロード・雪像コンテスト 編集

各地に雪像が作られ、コンテストを開催し、入賞者には景品が贈られる。

まちなか雪まつり 編集

葛巻小学校グラウンドにて行われ、雪に関する様々な催し物が開催される。

くずまき高原牧場冬まつり 編集

綱引きやカーリングなどが楽しめる他、抽選会も行われる。

平庭高原つつじまつり 編集

屋台村やステージショーなどがある。

くずまき高原牧場まつり 編集

くずまき高原牧場で開催。新鮮な牛肉や牛乳を味わったり、動物との触れ合いが楽しめる。

くずまき町民まつり 編集

葛巻町社会体育館・モウモウ館で開催され、生涯学習まつり・産業まつりと同時開催される。

ステージショーなどがたのしめる。

この他、盆時期には各地区で盆踊り・抽選会が開催される。イベントなどの詳細・最新情報は葛巻町公式ページを参照のこと。

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集