メインメニューを開く

葛西聖司

葛西 聖司(かさい せいじ、1951年7月5日 - )は、日本フリーアナウンサー。元NHKアナウンサー。古典芸能解説者[1][2]

かさい せいじ
葛西 聖司
プロフィール
出身地 日本の旗 東京都
生年月日 (1951-07-05) 1951年7月5日(67歳)
最終学歴 中央大学法学部法律学科卒業
職歴 NHKアナウンサー(鳥取宮崎大阪東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室→大阪→東京アナウンス室)
活動期間 1974年
出演番組・活動
現在 本文参照
過去 本文参照

目次

人物編集

練馬区立豊玉第二小学校、早稲田高等学校を経て中央大学卒業後、1974年入局。同期に『ラジオ深夜便』アンカー仲間だった迎康子がいる。

配属3局目となった大阪で、全国放送『しゃべくりバラエティー「日本一」』の司会に抜擢される。これを機に全国に名を知られるようになった[3]。NHKでは歌舞伎文楽など伝統芸能の番組を担当し、これらに関する著書も執筆。髙橋美鈴が出産・育児休暇を取った際は、髙橋担当の伝統芸能関係の番組を代行した。

2011年、“還暦定年”を迎えることもあって、3月末を以ってNHKを退職、フリーとなる。フリー転向後は、NHK文化センター講師[2]を務める他、その古典芸能への造詣の深さを活かして早稲田大学公開講座・講師、日本体育大学山梨英和大学非常勤講師[2]等で教鞭を執っている。また、日本演劇協会では会員(評論)[1]として解説や講演、関連行事の司会を務めている[4]

現在の出演番組編集

  • 日本の歌謡史を彩った作家達シリーズ 昭和の歌人(うたびと)たち(NHKBSプレミアム
2012年1月の第21回より、宮本隆治に替わって司会を担当。
2013年6月13日

過去の出演番組編集

※上記2番組は2009年秋以降髙橋美鈴の代行。「芸能花舞台」は1999年4月-2003年4月まで司会を担当していた。
金子辰雄が81歳となったこともあり勇退した後を受けフリーとなって最初の仕事として2011年4月から出演している。その際、加治章が金子枠に移り、その空いた枠を埋める形で金曜の担当となった。

著書編集

出典編集

  1. ^ a b the能.com「能を支える人びと > 葛西聖司
  2. ^ a b c NHKプロモーション「葛西聖司
  3. ^ NHKアーカイブス「しゃべくりバラエティ」解説文
  4. ^ 「温故育新~古きをたずね、新しきを育む2015正絃社創立50周年記念春の公演」プログラム 箏曲正絃社 2015年4月

参考文献編集

  • 「温故育新~古きをたずね、新しきを育む2015正絃社創立50周年記念春の公演」プログラム 箏曲正絃社 2015年4月