葛西 高清(かさい たかきよ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代前期の武将。葛西氏の当主。葛西 清高(かさい きよたか)とも呼ばれる。「仙台葛西系図」にみられる良清(よしきよ)と同一人物と考えられる。

 
葛西高清
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代
生誕 応長2年/正和元年(1312年
死没 貞治4年4月17日1365年5月8日) / 貞治4年4月7日1365年4月28日
別名 清高、清崇、良清?、三郎兵衛尉、道祐(法名)
官位 因幡守、備前
幕府 鎌倉幕府
氏族 葛西氏
父母 父:葛西貞清、母:不詳
詮清
テンプレートを表示

生涯編集

当主・葛西貞清(清貞)の子として生まれた。執権北条高時から「高」の偏諱を受けた。

元弘元年(1331年)9月、元弘の乱に際して、北条高時の命によって畿内へ派遣された討伐軍に「葛西三郎兵衛尉」の名があるが[1]諸根樟一はこれを高清に比定している[2]

貞治4年(1365年)4月17日、54歳で死亡したとされる[3]。また、『龍源寺葛西氏過去帳』では同年4月7日に良清が死亡したと記されており、両者は同一人物と考えられる。

脚注編集

  1. ^ 『太平記』巻三「笠置軍事付陶山小見山夜討事」
  2. ^ 結城宗広大勤王論(諸根樟一)
  3. ^ 『高野山五大院葛西氏系図』など

参考サイト編集

関連項目編集