メインメニューを開く

葛飾

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。

葛飾(かつしか)

地名編集

「かつしか」は古代からの地名で、奈良正倉院文書には「葛餝郡」と記されている。この郡は現在の千葉県東京都埼玉県茨城県にまたがる広い区域を示した。

万葉集』では勝鹿・勝牡鹿・可豆思賀と様々に表記されている。また真間の手児奈伝説は有名である。また、『万葉集』・『延喜式』中には「かとしか」とよませている例がある。

「かつしか」の語源については多くの説がある。(1) の多く生えた「葛繁」の意とする説、(2) 「かつ」は崖、「しか」は砂洲とする説、(3)「かとしき(門敷)」の転化で、古利根川下流の入江の門戸の低湿地を整備して、集落が立地したことによるとする説、(4)「方洲処(かたすか)」で、一方が砂地の所とする説、等が有力で、他にアイヌ語説やレプチャ語説まである。

関連項目編集