メインメニューを開く

葦那陀迦神(あしなだかのかみ)は、日本神話に登場する女神

葦那陀迦神

神祇 国津神
全名 葦那陀迦神
別名 八河江比売
神格 葦の神
配偶者 国忍富神
速甕之多気佐波夜遅奴美神
神社 矢川神社

目次

概要編集

古事記』において国忍富神の妻として登場する。亦の名を八河江比売という。『日本書紀』には登場しない。

名称の「葦那陀迦神」は、「葦」、「那」は「の」を表す上代語の格助詞、「陀迦」は「高」で、名義は「葦の丈が高いこと」。また「邪気払いの力を持つ葦が繁栄すること」も意味し、国力の繁栄を象徴する[1]

また別名の「八河江比売」の名義は「多くの川の江の巫女」で、神や命といった神号がつかないのは巫女性を表すとされる[2]

矢川神社では諸芸上達・諸願成就の神とされ、矢合神社では葦が生じ易い水辺を司る神とされる。

系譜編集

 
大国主の系図(『古事記』による)。青は男神、赤は女神、黄は性別不詳

大国主神の子鳥鳴海神の子である国忍富神の后神で、速甕之多気佐波夜遅奴美神を生む。

祀る神社編集

参考文献編集

  1. ^ 國學院大學 古事記学センター 葦那陀迦神
  2. ^ 新潮日本古典集成 古事記

関連項目編集