葵 太夫(あおい たゆう)(芸名・朱伽(あやか)、本名・中川佳永(なかがわ・よしえ))は嶋原太夫、タレント。京都市山科区出身。母は同じく太夫の司太夫

1987年1月19日生まれ。島原にて2歳8ケ月から禿(かむろ・太夫の身の回りを世話する おつきの童女)、12歳(中学1年生)より振袖太夫(ふりそでたゆう・太夫の見習い、芸妓に対する舞妓のようなもの)となり、嶋原のしきたりを学んだ。幼少より和の世界に親しみ、5歳より京舞を習い始める。一方で、高校卒業後は志望していた声優になるため、専門学校に進学。専門学校卒業後は、映画・舞台・ドラマでの役者の他に声優、ナレーターやMCなど幅広く活動する傍ら、アイドルユニット「Am☆(アム)」のメンバーとしてもライブ等の活動をしていた。

2013年11月、アイドル活動を休止。正式に太夫としての活動に専念するため、あらためて修業を始める。2014年11月26日下鴨神社にて島原の太夫「葵太夫」としてお披露目[1][2][3][4]。昔ながらに禿、振袖太夫より修業を積み、正式に太夫としてお目見えした太夫は半世紀ぶりのこととなる。

出演作品編集

そのほか、俳優、声優、ナレーター、MC、アイドルとしての活動多数

脚注編集

  1. ^ 芸妓の“頂点”太夫がデビュー 「本物の遊び」感じてほしい 京都・島原
  2. ^ 異色の島原太夫、内八文字を披露 元アイドルのメンバー
  3. ^ 母娘2代、太夫の道へ 京都・下鴨神社で「奉納道中」
  4. ^ 葵太夫 お披露目道中と舞

外部リンク編集