蒔田 定行(まいた さだゆき)は、備中国浅尾寄合旗本蒔田定正の長男。

 
蒔田定行
時代 江戸時代前期
生誕 元和6年(1620年
死没 元禄3年1月14日1690年2月22日
改名 広則(初名)→定行
別名 権太郎、久太郎、権佐(通称)
戒名 了心
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
氏族 蒔田氏
父母 父:蒔田定正、母:石田尊次
兄弟 依田信重室、定行山角定勝室、池田長勝室、石河重勝室、蒔田広正室、定則小堀政尹室、戸田忠辰
正室:戸田忠能養女
三好新右衛門某の娘、蒔田勘左衛門の娘
津田正勝室、定次大久保忠照室、広蕃駒木根政方室、遠山伊清室、蒔田定矩室、品川伊氏室、織田正英
養子:角南重世[1]定矩石河勝栄[2]
テンプレートを表示

生涯編集

寛永18年(1640年)11月22日、父の死後、遺領のうち7016石を相続し、弟定則に1300石を分与した。正保元年(1644年)4月24日、甲府城番となる。正保3年(1646年)10月、台徳院霊廟の普請を命ぜられ、慶安元年(1648年)10月には江戸城西の丸の普請を命ぜられる。承応元年(1652年)、旗本斉藤利意と共に下総国下館城在番となる。寛文2年(1662年)2月8日、定火消に任命され、駿河台土手に火消屋敷を与えられた。12月27日には布衣を許される。延宝3年(1675年)3月10日、持弓頭に転向。延宝5年(1677年)4月14日、百人組頭となる。天和2年(1682年)4月21日、上野国勢多新田山田郡内に700石の加増を受け7716余石となる。

元禄2年(1689年)12月29日に職を辞した。翌元禄3年(1690年)に死去、享年71。家督は婿養子・定矩が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 蒔田次広の娘
  2. ^ 松平安芸守家臣坂十左衛門の娘、のちに松平和泉守家臣仁村近重