蓬莱峡
蓬莱峡:白く尖った地形は風化した花崗岩で高さ100m、そのうえの茶色の崖は花崗岩の上に堆積した礫層で厚さ50mに達する[1]
北側から見た座頭谷と蓬莱峡:左の砂防ダムが並んだ地形が座頭谷、これらのダムは1952年に国の事業で完成した。[2]

蓬莱峡(ほうらいきょう)は兵庫県西宮市六甲山地にある峡谷瀬戸内海国立公園の指定区域。

概要編集

蓬莱峡は、六甲山の裏側(北側)を有馬高槻構造線の西に続く六甲断層に沿って西から東へまっすぐ流れる大多田川の上流部、支流の座頭谷川との合流地点より上流の南側にある。破砕された花崗岩がさらに風化を受けて鋸歯状の鋭い岩峰の稜線を見せる峡谷である[3]断層破砕帯にあたり、地質学では「バッドランド(悪地)」と呼ばれる地形であるが、これほど険しい地形は世界でも特異とされる。

右上の写真にある白い岩は著しく風化した花崗岩であり、その表面は素手で簡単に崩せるほどもろい。

殺伐とした白い無数の剣山があまりにも非現実的な風景であることから、松本清張原作の「内海の輪」など、映画やテレビドラマのロケ地としてしばしば採用された場所であったが、現在は六甲山地への代表的な登山ルートの一つとして広く知られる存在である。

座頭谷は、その昔、ここを通りかかったひとりの座頭が道に迷い、ついには行き倒れになったという言い伝えから名づけられたものである。

歴史編集

見所編集

  • 知るべ岩 - 豊臣秀吉による石標。大多田川の古道の証
  • 座頭谷
  • 小屏風岩・大屏風岩
  • 船坂地域に残る湯山古道

所在地編集

兵庫県西宮市塩瀬町生瀬 及び 山口町船坂

交通アクセス編集

  • 阪急宝塚線およびJR福知山線宝塚駅から阪急バス95系統有馬温泉行きに乗車、「知るべ岩」または「座頭谷」下車徒歩10分。
  • JR福知山線生瀬駅から阪急バス「生瀬」バス停(国道上)より95系統有馬温泉行きに乗車、または同駅より徒歩40分程度。
    • バス路線は、基本的に2時間に1本(ほかに冬季を除く土曜・休日には臨時便も2時間に1本の運行)。また、同路線はJR西宮名塩駅を発着するが、同駅からの乗車では大回りとなる。
    • 阪急バス「蓬莱峡」停留所は、蓬莱峡を見下ろす高台(上記写真撮影場所近辺)にあるのでアクセスには不向き。

周辺情報編集

脚注編集

  1. ^ 六甲砂防六十年史 p21
  2. ^ 六甲砂防六十年史 p212
  3. ^ 六甲砂防六十年史 p33

参考文献編集

  • 「六甲砂防六十年史」 六甲砂防工事事務所 2001年

外部リンク編集

座標: 北緯34度48分30秒 東経135度17分50秒