メインメニューを開く

蓮沼 執太(はすぬま しゅうた、1983年9月11日 - [1])は、東京都出身[1]音楽家作曲家アーティスト

蓮沼執太 (はすぬましゅうた)
出生名 蓮沼執太
別名 Shuta Hasunuma
生誕 1983年9月11日(36歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル 電子音楽 J-POP ポップ
職業 音楽家 作曲家 アーティスト
活動期間 2006年
公式サイト http://www.shutahasunuma.com

経歴編集

音楽美術はほぼ独学で学ぶ。大学では環境経済学を専攻してフィールドワークなどを行い、環境音をレコーディングするようになる。2006年、大学4年生のときにアメリカのインディーズレーベル「Western Vinyl」からファースト・アルバムをリリース。本格的に音楽を始めたのはその時からである。

当初は環境音や電子音をベースにした抽象音楽を展開していた。2010年にメンバー16名によるアンサンブル『蓮沼執太フィル|Shuta Hasunuma Philharmonic Orchestra』を結成する。また自身が企画・構成する音楽祭『ミュージック・トゥデイ』を開催する。この名称は武満徹『MUSIC TODAY』に因んだものである。また音楽ジャンル以外での活動も活発に行い、神奈川芸術劇場(KAAT)にて詩人の山田亮太らと舞台作品『タイム』を上演し、映画やパフォーミングアーツ、音楽家へのプロデュースなどの制作を多く行う。

2014年にはアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の招聘でアメリカ・ニューヨークに滞在をし、2016年に、平成28年度文化庁文化交流使(東アジア文化交流使)に選ばれ中国・北京での滞在制作[2]など、国外での展覧会活動も活発に行う。2018年にはニューヨーク・ブルックリン、東京「資生堂ギャラリー」での個展を行う[2]など、アーティストとしての活動も活発に展開している。2019年、『蓮沼執太:~ing』展で芸術選奨文部科学大臣新人賞(メディア芸術部門)受賞。[2]

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2006年10月24日 Self Titled WEST042 Western Vinylより発売。
2nd 2007年9月8日 HOORAY PFCD16 PROGRESSIVE FORMより発売。
3rd 2007年11月20日 OK Bamboo WEST046 Western Vinylより発売。
現在は絶版[2]
4th 2008年9月17日
2009年6月23日(アナログ盤)
POP OOGA
POP OOGA PLUS
WEATHER 034 / HEADZ 121
WEST 058 / WEATHER 034 / HEADZ 121
WEATHERHEADZより発売。
5th 2010年1月1日 wannapunch! WEATHER 042 / HEADZ 137 WEATHER/HEADZより発売。
6th 2012年1月1日 CC OO UNKNOWNMIX 14 / HEADZ 160 unknownmix/HEADZより発売。
4CD
7th 2016年2月3日 メロディーズ DDCB-13031:CD
shutavinyl001:アナログ盤
SPACE SHOWER MUSICより発売。
8th 2018年3月24日 windandwindows (不明) HEADZより発売。
6CD
9th 2019年9月27日 Oa (不明) Northern Spy Recordsより発売
  • 『時が奏でる|Time plays - and so do we.』(2014年1月15日発売、レーベル: SPACE SHOWER MUSIC)*蓮沼執太フィル名義
  • 『映画「マンガをはみ出した男 赤塚不二夫」オリジナル・サウンドトラック』(2016年4月23日発売、レーベル: Golden Harvest Recording) *U-zhaan + Shuta Hasunuma 名義
  • 『2 Tone』(2017年2月22日発売、レーベル:commons) *蓮沼執太 & U-zhaan 名義
  • 『ANTHROPOCENE|アントロポセン』(2018年7月18日発売、レーベル: 日本コロムビア)*蓮沼執太フィル名義
  • 『フィル・プレイズ・フィル』(2019年7月12日発売)*蓮沼執太フィル名義、デジタル配信
  • 『ANTHROPOCENE[Analog]』(2018年8月15日発売、レーベル: 日本コロムビア)*蓮沼執太フィル名義、アナログ盤
  • 『フィル・プレイズ・フィル/AR(アントロポセン リミキシーズ 1)』(2019年8月25日発売)*蓮沼執太フィル名義

EP編集

  • 『シャンファイ/快快「Y時のはなし」O.S.T』(2010年9月15日発売、レーベル: WEATHER / play / HEADZ)
  • 『THEATRE PRODUCTS 2011 S/S COLLECTION CAMOUFLAGE』(2011年4月27日発売)
  • 『IT IS IT』(2011年6月10日発売)
  • 『Earphone & Headphone in my Head』(2011年12月1日発売、レーベル: windandwindows / HEADZ)

シングル編集

  • 『起点 with イルリメ + 大原大次郎(TypogRAPy)』(2015年12月18日発売)*アルバム未収録
  • 『TIME with Yiran』(2016年1月15日発売)*アルバム未収録
  • 『the unseen』(2017年12月14日)*『windandwindows』先行発売シングル
  • 『windandwindows』(2018年1月14日発売)*『windandwindows』先行発売シングル
  • 『Communal Music』(2018年2月14日発売)*『windandwindows』先行発売シングル
  • 『off-site (Utena Kobayashi Remix)』(2018年7月11日発売) *後に『フィル・プレイズ・フィル/AR(アントロポセン リミキシーズ 1)』に収録
  • 『CHANCE feat. 中村佳穂』 (2019年6月26日発売) *デジタル配信
  • 『CHANCE feat. 中村佳穂 Reprise』 (2019年7月17日発売) *デジタル配信

主な活動編集

音楽(ソロ、コラボレーション、ライヴ・パフォーマンス、CD、イベント)編集

2010年編集

  • 『wannapunch!』リリース
  • 古川日出男を中心とするグループ「the coffee group 」アルバムプロデュース[2]
  • 自主企画「音楽からとんでみる2」開催(出演:にせんねんもんだい、サンガツ)[2]
  • EP『シャンファイ / Y時のはなし』リリース
  • 蓮沼執太フィル結成(Oval 来日公演 代官山UNIT)[2]
  • HARAJUKU PERFORMACE PLUS 2010 出演。[2]

2011年編集

2012年編集

  • 4枚組CD『CC OO』をリリース
  • 蓮沼執太フィル・公開リハーサル『練習をみるのはかっこわるいことか?』東京都現代美術館・講堂
  • TPAM2012 山田亮太と共作シアターピース『TIME』(神奈川芸術劇場・KAAT、国立新美術館[2]
  • 自主企画イベント『ニュージック・トゥデイ・ラフォーレ』(出演:Phew高橋悠治オオルタイチ
  • NHK「おかあさんといっしょ」楽曲「ショキ ショキ チョン」編曲(作詞作曲:二階堂和美
  • 蓮沼執太フィル編成でアルバム『CC OO』全国ツアー
  • 蓮沼執太フィル。東京公演 リキッドルームにてジム・オルークとレッドゼツリンとツーマン

2013年編集

  • 蓮沼執太フィル・ニューイヤーコンサート2013(オペラシティ・リサイタルホール)[2]
  • Music Today on Fluxus 蓮沼執太 vs 塩見允枝子国立国際美術館
  • 志村信裕+蓮沼執太『時間の庭』(ヴァンジ彫刻庭園美術館)
  • HARAJUKU PERFORMANCE PLUS DOMMUNE(ゲスト:坂本美雨、和田永、映像エフェクト・ライゾマティクス)
  • 「エクス・エクス・エクス・エクスポナイト!!!!」ソロ出演

2014年編集

  • 蓮沼執太フィル『時が奏でる|Time plays and so do we.』リリース
  • TPAM2014・蓮沼執太『作曲:ニューフィル』(KAAT・神奈川芸術劇場大ホール)
  • 坂本美雨アルバム『Waving Flags』アルバム・プロデュース[2]
  • 赤い公園「お留守番」楽曲プロデュース[2]
  • 蓮沼執太フィル全国ツアー[2]
  • 高野寛トリビュートアルバム参加「夢の中で会えるでしょう」カヴァー*蓮沼執太フィル名義
  • クラムボン・トリビュートアルバム参加「ある鼓動」カヴァー*蓮沼執太フィル名義

2015年編集

  • Negicco「自由に」楽曲編曲[2]
  • コトリンゴ「My Philosophy」(共作)[2]
  • イベント「蓮沼執太のメロディーズ」ビルボード東京
  • 坂本美雨+蓮沼執太クルー『LIVE “Waving Flags”』DVDリリース
  • パフォーマンス『葉山アンビエント』神奈川県立近代美術館・葉山館にて開催(蓮沼執太、イトケン、千葉広樹、和田永、比嘉了、岩渕貞太)
  • 自主企画『ミュージック・トゥデイ・イン・トーキョー・2015』4日間にわたり開催[2]
  • 空間現代『通過 Remix with 古川日出男』リミックス制作
  • ALMA MUSIC BOX「Music for a Dying Star」に参加
  • シングル「起点 with イルリメ、大原大次郎」を配信リリース

2016年編集

  • アルバム『メロディーズ』リリース
  • 『蓮沼執太のメロディーズ』全国ツアー開催(札幌、大阪、福岡、東京、沖縄、森道市場)[2]
  • タブラ奏者 U-zhaan と映画『マンガをはみだした男~赤塚不二夫』映画音楽を担当
  • Shuta Hasunuma + U-zhaan『マンガをはみだした男~赤塚不二夫 O.S.T.』リリース
  • TAICOCLUB’16 に出演
  • 活動10周年イベント『蓮沼 X 執太』 WWWX にて開催[2]
  • ALMA MUSIC BOXプロジェクトと京都市交響楽団とのコラボレーションコンサートをみやこホールにて演奏
  • 環ROY・楽曲「めでたい」プロデュース
  • 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)25周年記念イベントに参加

2017年編集

  • Shuta Hasunuma & U-zhaan 『2 Tone』リリース(ゲスト:坂本龍一アート・リンゼイデヴェンドラ・バンハート)アメリカ音楽メディアピッチフォークにて7.4ポイント獲得
  • 蓮沼執太フィル『Meeting Place』をスパイラルホールにて2日連続公演
  • U-zhaan とのイベント『2 Tone』レコ発をWWW にて開催
  • フランス・マルセイユでのフェス「MIMI FESTIVAL 2017」にイトケンと出演
  • 灰野敬二との即興パフォーマンスで「君が代」を披露
  • 日光トレッドソン・ヴィラのサテライトTV展のオープニングにて、落合多武とのコラボレーション・パフォーマンスを行う

2018年編集

  • 蓮沼執太フィル公演『東京ジャクスタ』草月ホールを開催。一柳慧の作曲作品『IBM』再上演、一柳慧とのトークを行う
  • 6枚組CDアルバム『windandwindows|ウインドアンドウインドウズ 』をリリース(ジャケット写真は畠山直哉
  • 「森、道、市場2018」蓮沼執太フィルが出演
  • 蓮沼執太フィル・アルバム『ANTHROPOCENE|アントロポセン』
  • 蓮沼執太フルフィル公演『FULLPHONY|フルフォニー』すみだトリフォニーホール

個展編集

  • 『have a go at flying from music part3』東京都現代美術館・ブルームバーグパビリオン(2011)
  • 『音的|soundlike』東京・アサヒ・アートスクエア(2012)
  • 『音的→神戸|soundlike2』神戸・アートビレッジセンター(2013)
  • 『無焦点』東京・NADiff Gallery(2014)
  • 『音的→中目黒』東京・HAPPA(2014)
  • 『知恵の処方』東京・3331 Gallery(2015)
  • 『compositions: space, time and architecture』国際芸術センター青森(ACAC)(2015)
  • 『compositions : rhythm』青山スパイラルガーデン(2016)
  • 『Compositions』中国・北京・Beijing Culture and Art Center(2017)
  • 『Compositions』アメリカ・ニューヨーク・Pioneer Works(2018)
  • 『 ~ ing』東京・資生堂ギャラリー(2018)

コミッションワーク(ファッション、映画、CM、展覧会、パフォーミングアーツ、フェスティバル、ラジオ)編集

ファッション編集

映画編集

  • 瀬田なつき監督『5 windows』(2015)
  • 砂入博史監督『air』(2016)
  • 冨永昌敬監督『マンガをはみだした男~赤塚不二夫』U-zhaanとの共作(2016)
  • 倉本雷大監督『恋愛奇譚集』(2017)

CM、Webサイトなど編集

展覧会、イヴェント、空間音楽編集

  • イケムラレイコ うつりゆくもの』展(東京国立近代美術館)会場音楽制作(2011)
  • さわひらき Whirl 神奈川県民ホールギャラリー 3日間限定のコラボレーション(2014)
  • パフォーマンス『六本木アンビエント』(六本木ヒルズ)(2015)
  • TOTOギャラリー・間『アジアの日常から』展示映像、音楽制作(2015)
  • パフォーマンス『葉山アンビエント』(神奈川県立近代美術館・葉山館)(2015)
  • パフォーマンス『温泉アンビエント』(別府・松原温泉)(2015)
  • 別府現代芸術フェスティバル2015『混浴温泉世界』出展(2015)
  • パフォーマンス『丸の内アンビエント』(丸ビル)(2016)
  • パフォーマンス『スパイラル・アンビエント』(スパイラルホール)(2016)
  • 『六本木ヒルズのウインドアンドウインドウズ』(2016年4月29日〜5月8日の期間のために、六本木ヒルズ8箇所の音楽制作)
  • パフォーマンス『岡崎アンビエント with 蓮沼執太、クリスチャン・フェネス徳沢青弦、澤井妙治』(京都ロームシアター)(2016)
  • 奥山由之 写真展『BACON ICE CREAM』展示音楽制作(2016)
  • ポール・シャリッツ展「The doors of perception」statements(2017)
  • 花代 『何じょう物じゃ あんにゃもんにゃ』会場音楽制作(STUDIO STAFF ONLY・2018)

パフォーミングアーツ編集

  • 快快『Y時のはなし』音楽制作 VACANT、YCAM公演(2010)
  • 岩渕貞太『conditions』音楽制作(2014)
  • 金氏徹平パフォーマンス『レクチャーのおばけ』音楽制作(2014)
  • 八木良太+岩渕貞太+蓮沼執太パフォーマンス『タイムトラベル』神奈川県民ホールギャラリー(2014)
  • Noism2 公演『かさねのいろめ』音楽制作(2015)
  • アルトノイ(島地保武+酒井はな)音楽制作(さいたま芸術劇場、神奈川県立近代美術館鎌倉館、葉山館)(2015)
  • 花代コラボレーション・パフォーマンス(東京アートブックフェア・2015)
  • 森山未來+エラ・ホチルド公演『Judas, Christ with Soy』音楽制作(赤レンガ倉庫・2015)
  • 坂本大三郎+大久保裕子+島地保武 パフォーマンス『三つの世界』(モエレ沼公園・ガラスのピラミッド・2016)
  • 古川日出男+青柳いずみ+蓮沼執太『偽ガルシア=マルケス』(東京都庭園美術館ギャラリー・2016)
  • 柴田元幸 とのコラボレーション公演『ブライアン・エヴェンソン「ウインドアイ」刊行記念セッション』(VACANT・2016)
  • 落合多武 コラボレーション・パフォーマンス(トレッドソン・ヴィラ・2017)

音楽フェスティバル編集

ラジオ編集

  • J-WAVE SELECTION「SHUTA HASUNUMA MEETS ANDY WARHOL」ナビゲート (2014)
  • J-WAVE SELECTION「SHUTA HASUNUMA SOUNDS OF NEW YORK」ナビゲート (2014)
  • J-WAVE『Acoustic County』番組音楽制作(2015)
  • J-WAVE SELECTION「SHUTA HASUNUMA TRAVELING MELODIES」ナビゲート (2016)
  • NHK FM 「大工」音楽担当 作:柴幸男 (2018)
  • J-WAVE SELECTION「SHUTA HASUNUMA SOLO, PHIL, FULL PHIL」ナビゲート (2018)
  • J-WAVE 30th Anniversary Special 「OVER THE WAVE “30 x 30” 」ナビゲート (2018)

コラボレーション編集

  • 蓮沼執太フィル(音楽)

メンバー:石塚周太(Bass, Guitar)、イトケン(Drums, Synthesizer)、大谷能生(Saxophone)、葛西敏彦(PA)、木下美紗都(Chorus)、K-Ta(Marimba)、小林うてな(Steelpan)、ゴンドウトモヒコ(Euphonium)、斉藤亮輔(Guitar)、Jimanica(Drums)、環ROY(Rap)、千葉広樹(Violin, Bass)、手島絵里子(Viola)、宮地夏海(Flute)、三浦千明(Flugelhorn, Glockenspiel)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集