蓮見 清一(はすみ せいいち、1942年12月21日 - )は、宝島社代表取締役

経歴編集

1942年生まれ。1962年早稲田大学政治経済学部に入学する。

1971年、株式会社ジェー・アイ・シー・シーを設立する。1974年に、晶文社より版権を入手し、月刊誌『宝島』を復刊する。1993年、株式会社ジェー・アイ・シー・シーを、株式会社宝島社に名称変更させる。2010年10月28日テレビ東京放送の『カンブリア宮殿』に登場する[1]

エピソード編集

  • 学生時代には革マル派学生運動を行っていた。
  • 60歳から乗馬を始め、耐久レースエンデュランス馬術競技の「テビス・カップ」の連続完走記録を持つ[2]。妻の蓮見明美による『アラビアン・ホースに乗って: ふたりで挑んだ遥かなるテヴィス』(洋泉社、2004年6月)はその初挑戦の記録である。

脚注編集

外部リンク編集