メインメニューを開く

蓮 (駆逐艦)

大日本帝国海軍の二等駆逐艦
Japanese destroyer Hasu.jpg
昭和3年、溏沽に停泊中の「蓮」
艦歴
計画 1917年度(八四艦隊計画
起工 1921年3月2日
進水 1921年12月8日
就役 1922年7月31日
除籍 1945年10月25日
その後 船体は福井県四箇浦港の防波堤
性能諸元
排水量 基準:770t
全長 83.82m
全幅 7.93m
吃水 2.44m
主缶 ロ号艦本式罐・重油焚3缶
主機 パーソンス式オールギヤードタービン2基2軸 21,500hp
最大速力 36.0kt
航続距離 14ktで3000海里
燃料 重油250t
乗員 107名
兵装 12cm単装砲3門
53cm連装魚雷発射管2基4門
6.5mm単装機銃2基

(はす)は、日本海軍駆逐艦樅型駆逐艦の17番艦である。

艦歴編集

  • 1921年(大正10年)3月2日 - 浦賀船渠で起工。
    • 12月8日 - 進水
  • 1922年(大正11年)7月31日 - 竣工
  • 1937年(昭和12年) - 日中戦争に参戦。
  • 1941年(昭和16年)12月8日 - 太平洋戦争に参戦。上海において巡洋艦「出雲」、砲艦「鳥羽」と共に、イギリス砲艦「ペテレル」 (HMS Peterel) を撃沈し、米砲艦「ウェーク」を捕獲した。その後、上海方面での船団護衛、哨戒作戦に従事。
  • 1944年(昭和19年)8月2日 - 揚子江で触雷し、上海に曳航され約一ヶ月間修理を実施[1]
    • 9月3日 - 修理を終えて現場に復帰[1]
  • 1945年(昭和20年)1月15日 - 香港で米空母艦載機の攻撃を受け損傷。上海で修理。
    • 2月16日 - 偶然に、北号作戦で北上する第四航空戦隊と遭遇。感激した蓮の堀之内艦長は四航戦からの誰何信号に「われ蓮、今より貴隊を護衛せんとす」と発信して艦隊の右正横3000mに占位したが、当時荒天ということもあり戦艦中心の艦隊速力について行けず、蓮は30分程で後落した。
    • 6月25日 - 青島に回航。その後、大連と上海間における船団護衛、輸送任務に従事。
    • 8月15日 - 青島で終戦を迎える。
    • 9月中旬 - 日本に回航され、佐世保港に繋留。復員輸送に従事の計画であったが、再整備費用が多額を見積もられたため中止となる。
  • 1948年(昭和23年)4月 - 佐世保港で解体され、船体は福井県丹生郡越前町四箇浦港の防波堤として使用された、とされることが多いが、遺構はなくまた、実際に現地で使用された記録は無いため、計画のみであったと推測されている。[要出典]

歴代艦長編集

※『艦長たちの軍艦史』375-376頁による。

艤装員長編集

  • 斎藤二朗 少佐:1922年3月1日 - 1922年7月31日

駆逐艦長編集

  • 斎藤二朗 少佐:1922年7月31日 - 1923年11月1日
  • (心得)直塚八郎 大尉:1923年12月1日 - 1924年12月1日
  • 直塚八郎 少佐:1924年12月1日 - 1925年5月1日[2]
  • 伊藤皎 大尉:1925年5月1日 - 1927年11月1日
  • 井原美岐雄 少佐:1927年11月1日 - 1929年9月5日
  • 伊集院松治 少佐:1929年9月5日 - 1931年12月1日
  • 竹内馨 少佐:1931年12月1日 - 1932年4月23日
  • 山田勇助 大尉:1932年4月23日 - 1933年5月25日
  • 戸村清 大尉:1933年5月25日 - 1933年11月1日[3]
  • 河合秀夫 大尉:1933年11月1日[3] - 1935年10月31日[4](1935年10月8日死去)
  • 鈴木正金 少佐:1935年10月31日[4] - 1936年1月6日[5]
  • 戸村清 少佐:1936年1月6日[5] - 1937年6月1日[6]
  • 塚本守太郎 少佐:1937年6月1日 - 1937年12月1日[7]
  • 松元秀志 少佐:1937年12月1日 - 1938年12月1日[8]
  • 瀬尾昇 少佐:1938年12月1日 - 1939年9月25日[9]
  • 笹川博 少佐:1939年9月25日 - 1940年10月15日[10]
  • 松田九郎 少佐:1940年10月15日 - 1941年8月20日[11]
  • 井内儀三郎 大尉:1941年8月20日 -
  • 堀江弘 大尉:1942年10月20日 -
  • 堀之内芳郎 大尉:1943年10月25日 -
  • 中村苫夫 少佐:1945年5月15日 -

脚注編集

  1. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』375頁。
  2. ^ 『官報』第3807号、大正14年5月4日。
  3. ^ a b 『官報』第2053号、昭和8年11月2日。
  4. ^ a b 『官報』第2651号、昭和10年11月2日。
  5. ^ a b 『官報』第2701号、昭和11年1月7日。
  6. ^ 『官報』第3122号、昭和12年6月2日。
  7. ^ 海軍辞令公報 号外 第99号 昭和12年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  8. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第267号 昭和13年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  9. ^ 海軍辞令公報(部内限)第382号 昭和14年9月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076300 
  10. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  11. ^ 海軍辞令公報(部内限)第695号 昭和16年8月20日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 

参考文献編集

  • 片桐大自『聯合艦隊軍艦銘銘伝』普及版、光人社、2003年。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 官報