メインメニューを開く

蔚山現代モービスフィバス(ウルサン・モービス・フィバス、韓国語:울산 현대모비스 피버스、英語:Ulsan Hyundai Mobis Phoebus)は、大韓民国蔚山広域市に本拠地を置いているプロバスケットボールチームである。スポンサーは韓国内で最大の自動車部品メーカーの現代モービス

蔚山現代モービスフィバス
울산 현대모비스 피버스
所属リーグ 大韓民国の旗 KBL
創設 1997年
チーム史 Busan Kia Enterprise
1997–2001
Ulsan Mobis Automons
2001–2004
Ulsan Mobis Phoebus
2004–2017
Ulsan Hyundai Mobis Phoebus
2017-Present
本拠 蔚山広域市
アリーナ 東川体育館
(Capacity: 5,491)
チームカラー 赤、白
オーナー 大韓民国の旗 現代モービス
ヘッドコーチ 大韓民国の旗 Yoo Jae-Hak
ユニフォーム
Kit body thinwhitesides.png
Homeのジャージ
Kit shorts whitesides.png
チームカラー
Home
Kit body thinwhitesides.png
Awayのジャージ
Kit shorts whitesides.png
チームカラー
Away
テンプレートを表示

沿革編集

実業団バスケットボールの時代、韓国のバスケットボール・フェスティバルの大会で幾度も優勝した名門の起亜自動車バスケットボール部を母体に、1997年釜山広域市にて「釜山起亜エンタープライズ」として韓国プロバスケットボール加盟。初年度リーグ優勝を飾る。

2001年、起亜自動車がプロ野球のヘテ・タイガースを買収するにつれ、野球とバスケットの二つのプロスポーツチームを運営するのは財政的に無理で広告効果もそれに比例しないという判断で、チームを現代モービスに譲渡。モービス側はチームの本拠地を本社の所在地である蔚山に移転しチーム名も「蔚山モービスオートモンス」となる。

2004-2005シーズンより現チーム名となる。「フィバス」はラテン語で太陽神「ポイボス」の意味。

2005-2006シーズンはレギュラーシーズン首位となり、チャンピオンシップ進出も、ソウル三星サンダースに韓国プロバスケ史上初の4連敗を喫した。

2006-2007シーズンは10シーズンぶりの優勝を果たした。bj-KBL チャンピオンシップゲームズでも優勝。

2009-2010シーズンは、3シーズンぶりに3度目の優勝を達成。

2012-2013シーズンは、3シーズンぶり4度目の優勝。

主な歴代所属選手編集

外部リンク編集