メインメニューを開く

蔡 同栄 (さい どうえい、繁体字: 蔡同榮1935年6月13日 - 2014年1月11日)は台湾の政治家。英語ではTrong chaiとも呼ばれた。

蔡同栄
蔡同榮
2008 CIPFG Global Human Rights Torch Relay in Taiwan Taipei City Stage Trong Tsai.jpg
2008年、台湾での法輪功受迫害真相連合調査団の国際人権聖火リレーにて
立法委員
任期
2008年2月1日 – 2012年1月31日
選挙区 中華民国
任期
1997年12月4日 – 2008年1月31日
前任者 蕭万長
選挙区 嘉義市
任期
1993年2月1日 – 1996年1月31日
後任者 蕭万長
選挙区 嘉義市
民主進歩党主席 (臨時)
任期
2007年9月21日 – 2007年10月15日
前任者 游錫堃
後任者 陳水扁
初代台湾独立建国連盟主席
任期
1970年 – 1971年
後任者 彭明敏
個人情報
生誕 (1935-06-13) 1935年6月13日
日本統治期台湾台南州東石郡布袋庄新塭
死没 2014年1月11日(2014-01-11)(78歳)
台北
政党 Green Taiwan in White Cross.svg 民主進歩党
出身校 国立台湾大学
テネシー大学
南カリフォルニア大学
職業 政治家
蔡同栄
繁体字 蔡同榮
簡体字 蔡同荣

日本統治時代の台湾に生まれ、米国で修士号と博士号を取得した。彼は民主主義派であり、公民投票促進会と民間全民電視公司を設立した。[1][2]

民主進歩党の党員であった蔡は数回国会議員に選出され、1993年から1996年と1997年から2012年の期間立法委員を務めた。彼は民進党主席選挙に3回出馬したが、1回も当選することは無かった。


出典編集

  1. ^ Rigger, Shelley (2003年9月3日). “New Crisis in the Taiwan Strait?”. Foreign Policy Research Institute. 2013年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月19日閲覧。
  2. ^ Ex-lawmaker still 'not out of danger' after stroke surgery”. 中央通訊社 (2013年12月19日). 2013年12月19日閲覧。

外部リンク編集