メインメニューを開く

蔭涼寺(いんりょうじ)は、岡山県岡山市北区中央町にある臨済宗妙心寺派の寺院。

蔭涼寺
所在地 岡山県岡山市中央町10-28
位置 北緯34度39分24.5秒
東経133度55分24.4秒
座標: 北緯34度39分24.5秒 東経133度55分24.4秒
山号 大樹山[1]
宗旨 臨済宗
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 聖観音菩薩[1]
創建年 1632年
文化財 水塔
法人番号 9260005000300
蔭涼寺 (岡山市)の位置(岡山県内)
蔭涼寺 (岡山市)
テンプレートを表示

歴史編集

寛永9年(1632年池田忠雄備前国備中4郡を領し岡山城の整備や城下町の拡張等を行った。)の外護で建立された。明治31年(1898年)8月火災に遭い、その後再建されたが[1]昭和20年(1945年6月29日岡山大空襲で一部の石造物を残し伽藍を全焼した。

境内編集

  • 水塔 ・・・備前藩士水野定之進の墓。水野家の忠僕七助が七回忌に建立した。水野定之進は、延宝元年11月27日グレゴリオ暦 1674年1月3日)に、朋輩である安宅彦一朗を斬ったためこの寺で切腹した。岡山大空襲の焼夷弾の跡が残る。

歴代編集

  • 篠原真祐

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 岡山市役所「第12章 神社仏閣」『岡山市史』、1920年(大正9年)10月30日、424頁。2017年11月3日閲覧。

外部リンク編集