メインメニューを開く

蔵原 惟繕(くらはら これよし、1927年5月31日[1] - 2002年12月28日[1])は、日本映画監督文芸評論家蔵原惟人はいとこおじ[2]映画監督蔵原惟二は実弟にあたる[2]

くらはら これよし
蔵原 惟繕
蔵原 惟繕
キネマ旬報社『キネマ旬報』430号(1967)より
本名 蔵原 惟繕(同じ)
生年月日 (1927-05-31) 1927年5月31日
没年月日 (2002-12-28) 2002年12月28日(75歳没)
出生地 ボルネオ島 サラワク王国 サラワク王国クチン市(現・マレーシアの旗 マレーシア サラワク州クチン)
死没地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
ジャンル アクション紀行
活動期間 1952年 - 2002年
配偶者 宮城野由美子1956年 - 2002年)
著名な家族 いとこおじ(蔵原惟人
実弟(蔵原惟二
テンプレートを表示

経歴編集

父親は鈴木商店の傍系会社・日沙商会の農業技師で[2]ボルネオ島サラワク王国クチン市(現・マレーシアサラワク州クチン)のゴム園で働いているとき[2]、当地で出生[2]。小学時に日本に戻り東京の田園調布小学校に入学[2][注 1]。小学4年のとき、兵庫県神戸市に移り、御影第三小学校に転校[2]関西学院中等部終了後、海軍特別幹部練習生となる[4]。入隊して広島県賀茂郡郷原村(現呉市郷原)で陸戦訓練中に広島原爆を目撃[2][注 2]

戦後復員し、家族の疎開先、徳島県海部郡川上村で農作業をした後、日本大学三島予科に入学、のち日本大学芸術学部映画科に進んだ[4]。大学在学中に本多猪四郎の紹介で、山本嘉次郎の家に書生として住み込む[4]1952年、大学卒業と同時に松竹京都撮影所に入社し、助監督を務める。1954年日活の製作再開で同社に移り、滝沢英輔中平康鈴木清順らの助監督を務める[2]1957年石原裕次郎主演の『俺は待ってるぜ』で監督デビュー。大胆なカメラアングルとカメラワークで注目を浴びる。以後、石原裕次郎、浅丘ルリ子の主演作を数多く撮る。

1967年フリーとなる。以降、石原プロモーションの『栄光への5000キロ』をはじめ、『キタキツネ物語』、『青春の門』、『海へ 〜See you〜』などの大作、話題作を次々と送り出す。

特に1983年に公開された『南極物語』は配給59億円の大ヒットを記録し、1997年に『もののけ姫』に抜かれるまで日本国内における日本映画の配給収入歴代1位だった。1991年紫綬褒章[1]、1997年勲四等旭日小綬章[1]受章。

2002年12月28日肺炎のため神奈川県横浜市金沢区の病院で死去[7]。75歳没。2003年2月19日にお別れの会が行われた。

家系図編集

                     ┏━惟示(これとき)━━惟皓(これつぐ、海軍大佐)
                     ┃
                     ┣━惟暁(神官)   ┏惟繕
                     ┃ ┃  ┏惟門━━━┫
                       ┃ ┣━━┫     ┗惟二
               蔵原惟元━━┫ ┃  ┗惟賢(伸二郎)
                     ┃ イク(北里柴三郎の妹)
                     ┃
                          ┣━惟郭
                      ┃ ┃
                      ┃ ┣━━━惟人
                     ┃ ┃
                      ┃ しう(北里柴三郎の妹)
                      ┃
                          ┣━惟昇
                      ┃
                     ┗━松代 

代表作編集

映画編集

テレビ編集

受賞歴編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ プロフィールでは出身地を東京都としているものもある[3]
  2. ^ 城山三郎も同じ場所に[5][6]笠原和夫も隣接する黒瀬町にいた[5]

出典編集

  1. ^ a b c d e f 蔵原 惟繕』 - コトバンク
  2. ^ a b c d e f g h i 作家全史 1978, pp. 192-195.
  3. ^ 蔵原惟繕 プロフィール All Cinema参照。
  4. ^ a b c 監督全集 1988, pp. 133-134.
  5. ^ a b 笠原和夫『「妖しの民」と生まれてきて』徳間書店、1998年4月11日、95-96頁。ISBN 4-06-209135-6
  6. ^ 城山三郎略年譜 - 「著」植村鞆音 - 犬耳書店
  7. ^ 映画監督の蔵原惟繕氏死去 「南極物語」など 共同通信 47News 2003年1月4日閲覧

参考文献編集

外部リンク編集