この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

蕭 巋(しょう き)は、南朝後梁の第2代皇帝。諡号は明皇帝で、明帝と呼ばれる。

明帝 蕭巋
後梁
第2代皇帝
王朝 後梁
在位期間 562年 - 585年
姓・諱 蕭巋
仁遠
諡号 明皇帝
廟号 世宗
生年 大同8年(542年
没年 天保24年(585年
宣帝
曹貴嬪
后妃 張皇后
陵墓 顕陵
年号 天保 : 562年 - 585年

生涯編集

大定8年(562年)、父の宣帝の崩御により皇位を継ぐ。後梁は事実上北周の傀儡政権であり、北周とともに南朝陳と対峙した。

天保16年(577年)に北周が北斉を滅ぼした際には、自ら北周の都の長安に出向いて当時の皇帝武帝に祝賀の言葉を述べた。このふたりの皇帝はほぼ同年代であった。その際、武帝は明帝の優美な立ち居振る舞いに魅せられ、一方の明帝は武帝に後梁建国以来の恩義を語り、ふたりはともに涙ぐんだ。明帝が後梁に帰る際には、武帝自らが琵琶を弾いて盛大に見送り、2人で軽口を叩き合った。このように個人的にも親密な関係を築いていったから、明帝は傀儡政権の皇帝という不安定な立場ではあるものの、北周と友好的な関係を築くことに成功した。その結果、北周は後梁の都の江陵に駐在させていた将軍を引き上げさせ、後梁の自治が回復された。

その後、宗主国が北周から隋へと変わった後もその親密な関係は続き、明帝が再び長安を訪れた際には、隋の文帝楊堅は自ら明帝の手を取り「必ず梁の旧地を取り戻して送り届ける」と言ったと伝えられる。また、明帝の娘は楊堅の次男の楊広(後の煬帝)に嫁ぎ、楊広が皇帝に即位した際には皇后となっている(煬愍蕭皇后)。

このような安定した政権の下、江陵では梁から受け継いだ文化が花開いた。また、明帝自身も学才があり、『孝経』・『周易義記』・『大小乗幽微』などを著した。

天保24年(585年)に崩御。子の蕭琮が帝位を嗣いだ。

妻子編集

蘭陵蕭氏中国語版系図】(編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭整
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
南朝斉
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭雋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭鎋
 
 
 
 
 
 
 
南朝梁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭楽子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭副子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)宣帝
0蕭承之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蕭道賜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)景皇
0蕭道生
 
1高帝
0蕭道成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)文帝
0蕭順之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5明帝
蕭鸞
 
2武帝
蕭賾
 
 
長沙宣武王
蕭懿
 
 
 
 
 
1武帝
蕭衍
 
 
 
 
 
 
 
 
 
臨川靖恵王
蕭宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6東昏侯
蕭宝巻
 
(僭)斉皇帝
蕭宝寅
 
7和帝
蕭宝融
 
(追)文帝
蕭長懋
 
 
(6)閔帝/貞陽侯
0蕭淵明
 
(追)昭明帝
蕭統
 
2簡文帝
蕭綱
 
4元帝
蕭繹
 
(僭)武陵王
蕭紀
 
(僭)臨賀王
蕭正徳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3鬱林王
蕭昭業
 
4海陵王
蕭昭文
 
 
(追)安帝
蕭歓
 
西1宣帝
蕭詧
 
(追)哀太子
蕭大器
 
(追)武烈世子
蕭方等
 
(追)愍懐太子
蕭方矩
 
5,7敬帝
蕭方智
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3豫章王
蕭棟
 
西2明帝
蕭巋
 
河間忠烈王
蕭巌
 
(8)永嘉王
蕭荘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
煬愍皇后
蕭氏
 
西3後主/靖帝
蕭琮
 
河間文憲王
蕭璿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(僭)梁皇帝
蕭銑

后妃編集

男子編集

女子編集

先代:
宣帝
南朝後梁の第2代皇帝
562年 - 585年
次代:
後主