メインメニューを開く

蕭敷(しょう ふ、461年 - 497年)は、南斉宗室で、南朝梁の武帝蕭衍の次兄にあたる。永陽昭王。は仲達。

目次

経歴編集

蕭順之の次男として生まれた。南斉の後軍長沙王行参軍を初任とした。行参冠軍征虜二府軍事をつとめ、入朝して太子舎人に転じた。太子洗馬に進み、南海王友をつとめ、丹陽尹丞として出向した。入朝して太子中舎人となり、建威将軍・隨郡内史に任じられた。寧朔将軍に進み、廬陵王諮議参軍として召された。建武4年(497年)8月6日、死去した。享年は37。蕭衍が即位すると、侍中・司空の位を追贈され、永陽郡王に追封された。は昭といった。

妻子編集

編集

編集

伝記資料編集

  • 梁書』巻23 列伝第17
  • 南史』巻51 列伝第41
  • 故侍中司空永陽昭王墓誌銘
  • 故永陽敬太妃墓誌銘