蕭 方等(しょう ほうとう、528年 - 549年)は、南朝梁皇族。武烈世子。は実相。

経歴編集

湘東王蕭繹の長男として生まれた。母は徐妃。若くして明敏で、才能にすぐれ、騎射を得意とし、精緻な思考に長じていた。森林や泉を愛し、特に散策を好んだ。「人が生きて世にいるのは、白駒が隙間を通り過ぎるようなものである。一壺の酒が性を養うにもって足り、一簞の食が形をよろこばせるにもって足る」と書いて論じた。かつて徐妃が妬みのために蕭繹の寵愛を失い、方等は不安を抱いた。蕭繹がこれを聞くと、方等を憎んだため、方等はますます恐れて、自分の考えを論述した。

548年太清2年)、武帝が諸王の長子との面会を望んだため、蕭繹は方等を建康に派遣した。方等は舟で長江を下り、繇水に達した。ちょうど侯景の乱が起こったため、蕭繹は方等に帰るよう命じたが、方等は「むかしの太子申生がその死を惜しまなかったというのに、方等がどうしてその生を顧みることができましょうか」と返事した。蕭繹は返書を見て方等に帰る意志がないと知ると、兵1万を建康の援軍として送った。反乱軍の攻勢に対して、方等は自身を矢石にさらして戦った。

549年(太清3年)、台城が陥落すると、方等は荊州に帰り、兵馬を集めた。方等は人々の一体感を作りだすことができたため、蕭繹ははじめてその能力に感心した。方等は城柵の修築を勧めて、防備を怠ることがなかった。城柵が完成すると、城の楼閣と姫垣が互いに見え、周回は70里あまりに及んだ。蕭繹はこれを見て喜び、「もしさらに一子があってこのような人物であれば、わたしは何の心配もないだろうに」と徐妃に言った。徐妃は答えず、涙を流して引き下がった。蕭繹はこれに怒って、徐妃の醜行を書いて大閣に掲示した。方等がこれを見ると、ますます自らを危険にさらすようになった。

ときに河東王蕭誉湘州刺史となったが、蕭繹の命令を受け入れなかった。方等は蕭誉を討つ任務に志願して、蕭繹はこれを許可した。方等は都督に任じられ、精兵2万を率いて南進した。方等の軍が麻渓に達すると、蕭誉は軍を率いて迎撃し、方等は戦い敗れて溺死した。享年は22。侍中・中軍将軍・揚州刺史の位を追贈された。は忠壮世子といった。元帝(蕭繹)が即位すると、武烈世子と改諡された。編著に『三十国春秋』および『静住子』があり、当時に通行した。

子に蕭荘があった。

伝記資料編集