蕭 昂(しょう こう、483年 - 535年)は、南朝梁皇族、軍人。は子明。武帝蕭衍の従弟にあたる。

経歴編集

蕭崇之の三男として生まれた。天監初年、司徒右長史となり、軽車将軍・監南兗州として出向した。召還されて軽車将軍のまま琅邪彭城二郡太守となった。さらに軽車将軍のまま広州刺史として出向した。王貞秀と杜景が広州の州城を襲撃すると、蕭昂はかれらを討ち滅ぼした。521年普通2年)、散騎常侍・信威将軍となった。523年(普通4年)、散騎侍郎・中領軍・太子中庶子に転じ、呉興郡太守として出向した。528年大通2年)、召還されて仁威将軍・衛尉卿となった。ほどなく侍中となり、領軍将軍を兼ねた。529年中大通元年)、領軍将軍の号を受けた。530年(中大通2年)、湘陰県侯に封じられた。532年(中大通4年)、江州刺史として出向した。535年大同元年)、死去した。享年は53。は恭といった。

伝記資料編集