メインメニューを開く

蕭 棟(しょう とう)は、南朝の第3代皇帝。『梁書』などの正史では正規の皇帝と見なさない。豫章王蕭歓の子。初代皇帝武帝の曾孫、昭明太子蕭統の孫にあたる。

豫章王 蕭棟
第3代皇帝
王朝
在位期間 551年8月 - 10月
姓・諱 蕭棟
元吉
生年 不詳
没年 承聖元年(552年
蕭歓
王氏
后妃 張皇后
年号 天正 : 551年

生涯編集

父の後を継いで、豫章王に封じられた。侯景の乱の最中、簡文帝を廃した侯景によって皇帝に擁立される。この即位は侯景による簒奪の布石であり、即位からわずか3ヶ月後、侯景に禅譲を強要された。禅譲後の蕭棟は淮陰王に降格され、弟の蕭橋や蕭樛とともに幽閉された。後に湘東王蕭繹の軍により侯景が滅ぼされると、蕭棟は救出され、船で江陵に移送されることとなった。その途中、蕭繹の意を受けた朱買臣の手によって船を水中に沈められ、弟たちとともに溺死した。

先代:
簡文帝
の第3代皇帝
551年
次代:
元帝