メインメニューを開く

蕭 正徳(蕭 正德、しょう せいとく、? - 549年)は、中国南朝梁皇族。臨賀王。公和。梁の武帝蕭衍の甥にあたる。侯景により梁の皇帝に立てられたが(在位:548年 - 549年)、通常は僭称扱いとされ、梁の皇帝としては扱われていない。

生涯編集

臨川王蕭宏の三男として生まれた。はじめ蕭衍に男子がいなかったため、正徳は養子とされ、後継を予定されていた。しかし501年9月に蕭衍の長男の蕭統(昭明太子)が生まれ、502年11月に蕭統が皇太子に立てられると、正徳は後継から外されて西豊県侯に封じられた。諸官を歴任して呉郡太守となった。

522年、正徳は北魏に亡命した。北魏の礼遇を受けられなかったため、翌年に逃げ帰ったが、武帝に罪を問われなかった。西豊侯の爵位を返還され、征虜将軍の号を受けた。525年、軽車将軍となり、豫章王蕭綜に従って北伐したが、軍を棄てて逃走したため、罪に問われて官爵を剥奪され、臨海郡に移された。527年、爵位を戻された。532年1月、臨賀郡王に封じられた。533年9月、中護軍となった。後に丹陽尹となった。

548年、侯景が反乱を計画すると、正徳が不満を抱いていると知って、ひそかに仲間に引き入れた。10月、侯景の乱の軍が歴陽まで南進してきたため、武帝は正徳に平北将軍の号を与え、京師の諸軍を都督させ、丹陽郡に駐屯させた。侯景が長江の北岸の横江に到達すると、正徳は荻を運ぶと詐称して舟を動員し、侯景とその兵を南岸の采石に渡させた。建康の朝廷はなおも正徳が反乱に同心しているとは知らず、正徳に命じて朱雀航を守らせた。侯景がやってくると、正徳は軍を率いて侯景と合流し、反乱軍を宣陽門に引き入れた。11月、侯景は正徳を皇帝に擁立し、儀賢堂で即位させた。太清2年から正平元年に改元し、子の蕭見理を太子とし、娘を侯景の妻とし、侯景を丞相とした。549年3月、建康が陥落すると、侯景は元号を太清に戻し、正徳を廃位して、侍中大司馬に降格させた。正徳は侯景と協力したことを後悔して、鄱陽嗣王蕭範に密書を出してその兵を引き入れようとした。6月に永福省で殺害された。

人物・逸話編集

  • 正徳は後継を外されたことを恨みに思って、謀反心を抱いていた。
  • 正徳は若い頃から礼節を軽んじ、偏狭・凶暴な性格であった。建康では殺人や強盗を繰り返していた。後に臨賀王に封じられたが、その乱行が収まることはなく、自らの妹を犯し焼き殺すなど、悪行を繰り返した。同様に乱行を重ねる息子の蕭見理とともに「市で五匹の虎と会っても臨賀王父子には会いたくない」とまで言われた。
  • 建康陥落後、正徳は武帝と接見したが、涙する正徳に対し、武帝は「泣いたところで今更どうにかなろうか」と突き放した。

伝記資料編集