蕭 道生(しょう どうせい、生没年不詳)は、南朝斉皇族。始安貞王。孝伯。明帝蕭鸞の父。高帝蕭道成の異母兄にあたる。

経歴編集

蕭承之と王氏の間の次男として生まれた。南朝宋に奉朝請となり、死去した。479年建元元年)5月、始安王に追封され、を貞といった。494年建武元年)11月、景皇と追尊され、妃の江氏は懿皇后とされた。御道の西に寝廟を立てられ、陵墓を修安陵といった。

妻子編集


編集

  • 江氏(江祏の父の妹)

編集

  • 蕭鳳(始安靖王)
  • 蕭鸞(明帝)
  • 蕭緬(安陸昭王)

伝記資料編集