薁鞬左賢王 単于(いくけんさけんおう ぜんう、拼音:Yùjiānzuŏxiánwáng Chányú、? - 50年)は、中国後漢時代の南匈奴の対立単于。呼都而尸道皋若鞮単于の子で、蒲奴の弟。もと北匈奴の薁鞬[1]左賢王だったため、薁鞬左賢王単于と呼ばれる。姓は攣鞮氏、名は不明。

生涯編集

呼都而尸道皋若鞮単于の子として生まれる。

建武22年(46年)、兄の蒲奴が単于に即位すると、薁鞬左賢王に任ぜられる。

建武24年(48年)冬、右薁鞬日逐王のが呼韓邪単于と称して自立、南匈奴を創始する。これによって匈奴は南北に分裂し、もとの方は北匈奴となった。

建武25年(49年)、南匈奴左賢王のが1万の兵を率いて攻めてきた。薁鞬左賢王は生け捕られ、北匈奴の単于庭(本拠地)が破られ、北単于の蒲奴は1千余里も退去した。

建武26年(50年)夏、薁鞬左賢王は同じく捕えられた北匈奴の民衆および5人の骨都侯ら計3万余人を率いて叛き、北庭(北匈奴の単于庭)から300余里の地点で単于に推戴された。しかし、1か月あまりが過ぎると、互いに攻撃し合い、5人の骨都侯は死に、薁鞬左賢王は自殺した。

脚注編集

  1. ^ 内田吟風氏は『北アジア史研究 匈奴篇』において、“薁鞬(いくけん)”は後の柔然突厥などに見られるイルキン(irkin)の漢字訳ではないかとしている。

参考資料編集