メインメニューを開く

薔薇のスタビスキー』(ばらのすたびすきー、Stavisky)は1974年フランス映画アラン・レネ監督の作品で、出演はジャン=ポール・ベルモンドなど。 スタヴィスキー事件で有名なセルジュ・アレクサンドル・スタヴィスキー英語版の生涯の最後の数カ月を描いている。

薔薇のスタビスキー
Stavisky
監督 アラン・レネ
脚本 ホルヘ・センプラン
製作 ジャン=ポール・ベルモンド
出演者 ジャン=ポール・ベルモンド
音楽 ステファン・ソンダイム
撮影 サッシャ・ヴィエルニー
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 フランスの旗 1974年5月15日
日本の旗 1975年5月3日
上映時間 118分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
興行収入 $7600000[1]
テンプレートを表示

本作でシャルル・ボワイエは、ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀助演俳優賞を受賞した[2]

目次

ストーリー編集

1930年のはじめ、アレクサンドル・スタビスキーは生まれながらの野心家で、詐欺のような行為で大金を稼いでいた。彼は政財界の大物と仲良くなり、妻アルレッテと優雅な生活を送る。だが彼を怪しんだボニーという検察官の調べで、スタビスキーが偽公債を発行していたことがばれてしまい、スタビスキーはスイスの山荘へ逃亡することになる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1980年3月16日『日曜洋画劇場』)

出典編集

  1. ^ http://www.jpbox-office.com/fichfilm.php?id=8425
  2. ^ The Times (London(, 25 May 1974, p.3, col.E.

関連項目編集

外部リンク編集