メインメニューを開く

薗田 香融(そのだ こうゆう、1929年1月18日 - 2016年8月4日[1])は、日本史・仏教学者、関西大学名誉教授。

和歌山県薗田香勲の長男として生まれる。祖父は薗田宗恵。母方祖父は芦津実全。弟に薗田宗人薗田坦、芦津家を継いだ芦津丈夫がいる。1951年京都大学文学部史学科卒、1953年関西大学文学部助手、専任講師、助教授、教授。1980年「古代財政史の研究」で関西大学文学博士。1999年定年退任、名誉教授。浄土真宗本願寺派妙慶寺第14世住職[2]

著書編集

  • 『意譯遺教經』顯眞法輪文書傳道部 1952
  • 『日本古代財政史の研究』塙書房 1981
  • 『平安仏教の研究』法蔵館 1981
  • 『日本古代の貴族と地方豪族』塙書房 1992
  • 『日本古代仏教の伝来と受容』塙書房 2016

共著など編集

論文編集

編集

  1. ^ “関大名誉教授の薗田香融さん死去 景観保全訴訟や仏教史”. 朝日新聞. (2016年8月5日). http://www.asahi.com/articles/ASJ856T97J85PTFC00Z.html 2016年8月5日閲覧。 
  2. ^ 『人事興信録』1996年