(せつ)は、漢姓の一つ。

中国語
中国語 シュエ
繁体字
簡体字
朝鮮語
ハングル
漢字
英文表記 Seol, Sŏl, Sul, Seul, Sol, Sull

中国編集

来源編集

  • 任姓薛氏
    • 公子登が(薛国の故地)に封じられ、以後子孫たちが薛を氏とした。
  • 風姓薛氏
    • 伏羲氏の末裔である。
  • 媯姓薛氏(陳氏・田氏)
  • 叱乾氏

著名な人物編集

朝鮮編集

(ソル)は、朝鮮人の姓の一つである。

氏族編集

本貫は淳昌薛氏朝鮮語版のみである。『三国史記』によると始祖の薛居伯は朴赫居世誕生説話に登場する6村長の一人である。明活山高耶村長である虎珍朝鮮語版公として他の5村長とともに朴赫居世を推戴して新羅を建てた。その後32年に6村が6部に改称し、明活山高耶村を習比部として、子の薛支徳が薛氏を賜姓された。習比部が慶州に属するので本館を徐羅伐、または慶州ともいう。

著名な人物編集

人口と割合編集

年度 人口 世帯数 順位 割合
1960年
1985年 8,177世帯 274姓中70位 0.08%
2000年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 韓国国会議員6人、31日に独島訪問…「日本の経済報復を糾弾」”. 中央日報 (2019年8月31日). 2019年9月23日閲覧。

出典編集

関連項目編集