メインメニューを開く
小松帯刀寓居跡石碑(京都市上京区)

薩土密約(さっとみつやく)は、江戸時代後期(幕末)の慶応3年5月21日1867年6月23日)に、京都小松帯刀(清廉)邸[1]京都市上京区)で締結された、薩摩藩土佐藩の実力者の間で交わされた、武力討幕のための軍事同盟である。薩土討幕の密約ともいう。

薩土盟約は土佐藩の公議政体派が大政奉還を通して、温和な手段での同盟を薩摩藩に提起した盟約であり、薩土盟約薩土密約とは性質が全く異なっているため通常は区別されて呼ばれている。

概要編集

慶応3年5月江戸にいた土佐藩の乾退助(後の板垣退助)は、在京の中岡慎太郎より四侯会議の不発を嘆く手紙を受け急ぎ旅装を整え、5月18日上洛。同日、京都の料亭「近安楼[2]」で乾と福岡藤次(孝弟)、船越洋之助らと中岡が会見し、武力討幕を密談した。 翌日、乾退助は山内容堂に拝謁を請うが許可されず、この日、中岡慎太郎は薩摩藩・西郷隆盛と乾を会見させようと奔走する[3]。 21日、京都の料亭・大森で再び乾と中岡が会議し、夕方、中岡の仲介により薩摩藩家老・小松帯刀の寓居[4](御花畑屋敷)において、土佐藩の乾・谷干城毛利恭助・中岡らと、薩摩藩の西郷吉之助(隆盛)・吉井幸輔(友実)・小松帯刀らが会談し、乾は「戦となれば、藩論の如何に関わらず、必ず土佐藩兵を率いて薩摩藩に合流する」とその決意を語り、薩土討幕の密約(薩土密約)を締結した。この時、乾が江戸築地の土佐藩邸(中屋敷)に独断で匿っていた水戸浪士・中村勇吉相楽総三、里見某らを、彼らの安全確保のため薩摩藩邸への収容を依願し、西郷は即諾した。(この浪士たちが、のちに庄内藩などを挑発し戊辰戦争の前哨戦・江戸薩摩藩邸の焼討事件へ発展する)

         
小松帯刀(薩摩藩)
中岡慎太郎(土佐藩)
乾退助(土佐藩)

土佐藩の軍制改革編集

5月22日に、乾はこれを容堂に稟申して事後承認を得ると、5月27日中岡慎太郎らに大坂でベルギー製活罨式(かつあんしき)アルミニー銃英語版(Albini-Braendlin_rifle)300挺[5]の購入を命じ、6月2日に土佐に帰国した。薩摩藩側も5月25日、薩摩藩邸で重臣会議を開き、藩論を武力討幕に統一することが確認された。 (入れ違いに大政奉還論を意図した後藤象二郎坂本龍馬が上洛し、6月22日に薩摩藩と薩土盟約を結ぶ)

一方で、中岡は乾の武力討幕の決意を書簡にしたためて、土佐勤王党の同志あてに送り、土佐勤王党員ら300余名の支持を得ることになった。(これがのちの迅衝隊の主力メンバーとなる)

乾が容堂へ薩土密約のことを稟申した時、同時に勤王派水戸浪士を江戸藩邸に隠匿している事を告白し、土佐藩の起居を促した。容堂はその勢いに圧される形で、軍制改革を乾に任じた。土佐藩は乾を筆頭として軍制改革・近代式練兵を行うことを決定し、6月13日に乾は藩の大監察に復職した。

旧土佐勤王党員らを赦免編集

大監察に復職した乾は、武力討幕論を推し進め、佐々木高行らと藩庁を動かし安岡正美島村雅事ら旧土佐勤王党員らを釈放させた。6月16日、町人袴着用免許以上の者に砲術修行允可の令を布告し、7月17日に銃隊設置の令を発した。7月22日、古式ゆかしい北條流弓隊は儀礼的であり実戦には不向きとして廃止し、近代式銃隊を主軸とする兵制改革を行った。8月6日、乾は東西兵学研究と騎兵修行創始の令を布告し、別府彦九郎、小笠原茂連らが江戸より上洛する。同9月25日坂本龍馬らもこれに呼応して長崎より銃器を携えて帰国する。

しかし、後藤象二郎の献策による大政奉還論が徳川恩顧の土佐藩上士の中で主流を占めると、過激な武力討幕論は遠ざけられ、乾は大政奉還論に真っ向から反対する意見を言上したことで全役職を剥奪され失脚した[3]

戊辰戦争勃発前後の動向編集

慶応3年(1867年)12月、武力討幕論を主張し、大政奉還論に反対して失脚した乾退助を残して土佐藩兵が上洛。12月28日、土佐藩・山田平左衛門吉松速之助らが伏見の警固につくと、薩摩藩・西郷隆盛は土佐藩士・谷干城へ薩長芸の三藩へは既に討幕の勅命が下ったことを示し、薩土密約に基づき、乾退助を大将として国元の土佐藩兵を上洛させ参戦することを促した。谷は大仏智積院の土州本陣に戻って、執政・山内隼人(深尾茂延、深尾成質の弟)に報告。慶応4年(1868年1月1日、谷は下横目・森脇唯一郎を伴って京を出立、(1月3日、鳥羽伏見で戦闘が始まり、1月4日、山田隊、吉松隊、山地元治北村重頼二川元助らは藩命を待たず、薩土密約を履行して参戦)、1月6日、谷が土佐に到着。1月9日、乾退助の失脚が解かれ、1月13日、深尾成質を総督、乾退助を大隊司令として迅衝隊を編成し土佐を出陣、戊辰戦争に参戦した[3]

薩土密約の履行編集

鳥羽・伏見の戦いが始まるや、山内容堂は在京の土佐藩兵に「此度の戦闘は薩摩・長州と会津・桑名の私闘であると解するゆえ、何分の沙汰ある迄は、此度の戦闘に手出しすることを厳禁す[3]」と告ぐが、土佐藩兵は薩土密約に基づき独断で戦闘に参加し、慶応4年(1868年)1月7日、徳川慶喜が「朝敵」として討伐の勅が下るや、翌8日には乾の謹慎が解かれ、9日迅衝隊の大司令に任ぜられる。しかして13日に土佐を出陣し、高松藩伊予松山藩を帰順させて上洛を果たす。京都に到着した乾の率いる迅衝隊は、先の伏見の戦いでの土佐藩士の参戦者と合流し、隊の編成を組み直し、乾が総督を兼任して、戊辰戦争で東征の途につくことになる。この京都出陣の日が退助の系譜上の先祖・板垣駿河守信方の320年目の命日にあたるため、甲州進軍に備えた美濃大垣で、乾は姓を板垣に復した[3]

山内容堂の意向編集

この討幕の密約は、徳川恩顧の立場から公議政体論・佐幕を模索していた土佐藩前藩主山内容堂の意向に沿うものでは無かったが、有事の際に藩の軍事力を担保しておくため承認され、乾退助を実行者に据え軍制改革を行った。容堂が討幕の密約を承認したきっかけは、乾が勤王派水戸浪士を江戸藩邸に隠匿している事を告白し、土佐藩の起居を促したことなどが要因と言われている[6]。しかし、容堂の中では大政奉還が現実味を増すと、武力討幕論を退けて参戦には否定的な立場となった。容堂の意向とは相反して鳥羽伏見の合戦が始まり、討幕密約を根拠として土佐藩士が参戦し勝利を得ると、最早これを否定する立場にあらずと悟り「春なお寒し将兵自愛せよ」との言葉をかけて東征の軍を見送った[7]

中岡慎太郎の真意編集

「薩土密約」と「薩土盟約」という相矛盾する軍事同盟の場に両方とも同席していたのは、西郷隆盛小松帯刀中岡慎太郎であるが、中岡慎太郎の真意は自らの日記に、「(坂本龍馬大政奉還論に関して)言うべきにして行うべからず」と書き、同志である本山只一郎宛ての書簡に「…議論周旋も結構だが、所詮は武器を執って立つの覚悟がなければ空論に終わる。薩長の意気をもってすれば近日かならず開戦になる情勢だから、容堂もそのお覚悟がなければ、むしろ周旋は中止あるべきである」と書き綴っている。

評価編集

龍馬が主導し、後藤らが行った薩土盟約は、大政奉還を成し遂げた功があるにせよ、たった2ヶ月半で破断した薩摩藩と土佐藩のうわべ的な同盟であったのに比べ、薩土密約は、土佐藩兵の近代式練兵から、戊辰戦争の初戦に至る過程、迅衝隊、胡蝶隊などが編成せられ参戦した経緯などを見ても、結果的には「薩土討幕の密約」は藩命よりも遵守され、朝廷からも、この伏見の初期参戦が大いに評価され賞典を賜うこととなった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 近衛家別邸・御花畑屋敷を島津家が借受け、小松帯刀が寓居していた。
  2. ^ 近安楼(「ち加やすらう」)「巽ばしより切通しの間、松湯、ときは屋のならびにアリ、櫻井屋の向ひ也」
  3. ^ a b c d e 『板垣退助君戊辰戦略』上田仙吉編、明治15年刊(一般社団法人板垣退助先生顕彰会再編復刻)
  4. ^ 薩長同盟が結ばれたのと同じ場所にあたる。
  5. ^ ベルギーからの直輸入ではなく、米国南北戦争で使用され、戦争終結後に余剰となった武器類が日本へ輸入されたものと言われる。
  6. ^ 『板垣退助君伝記』宇田友猪著
  7. ^ 『板垣精神』”. 一般社団法人 板垣退助先生顕彰会 (2019年2月11日). 2019年9月10日閲覧。

参考文献編集

  • 『中岡慎太郎全集』宮地佐一郎著、勁草書房、1991年6月
  • 『中岡慎太郎 維新の周旋家』宮地佐一郎著、中公新書、1993年8月25日

関連項目編集