薩た正邦

薩埵正邦から転送)
本来の表記は「薩埵正邦」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
薩埵正邦(1856-1897)

薩埵 正邦(さった まさくに、1856年6月21日安政3年5月19日) - 1897年明治30年)6月14日)は、日本法学者教育者法政大学創立者の一人。東京法学校(現法政大学)主幹。第三高等学校(現京都大学)法学部教授。草創期の東京法学校の運営に尽力した後、京都大学法学部の源流となる第三高等中学校法学部の開設当初から指導にあたった。京都府出身。

目次

人物編集

京都石門心学を講ずる学者の家に生まれる。 記憶力に優れ、近隣の人をして神童と称されたと言う[1]。才能を見込まれ、学資の援助を受けながら[2]、官立の京都仏学校に入学。京都仏学校が廃止されて、師であるレオン・デュリー開成学校(現在の東京大学)へ転任すると、それに従い上京する。 上京後に当時太政官法制局少書記官だった桜井能監らの「仏国民法研究会」のメンバーとなり、その縁で官職を得る。内務省に勤務していた1879年8月に、日本政府の法律顧問としてフランスから招かれていたパリ大学教授ボアソナードと出会い、以後ボアソナードに師事する。

東京法学社設立に加わり、東京法学社講法局が1881年5月に東京法学校として独立した後は、薩埵がその主幹となり学校の運営を担った。愛弟子の薩埵が主幹する学校ということでボアソナードが教壇に立ち、教頭に就任するなどしたことから、東京法学校はボアソナードの学校と呼ばれ人気を得た。

フランス法系の学校の団結・統合を図るために、東京法学校と東京仏学校とが合併するのを機に、薩埵は故郷の京都に戻り、第三高等中学校(現在の京都大学)法学部の教授となった。第三高等学校への昇格後も法学部教授の任にあたっていたが、京都帝国大学法科大学が設置されるのを目前にして、病気により在官中40歳の若さで急逝した。部長として指導していた三高弁論部の部史には、薩埵について次のように記されている。「日本法学教育界の錚々、その議論の暢達明快、誠に此部好個の指導者」[3]と。

家族・親族編集

妻のマサは富井政章の妹であるため、富井政章は薩埵正邦の義理の兄にあたる。薩埵と富井政章はともに京都仏学校で、レオン・デュリーのもとで学んでいたデュリー門下[4]でもあり、富井政章の東京法学校講師時代には薩埵宅で同居していたこともあった[5]

略歴編集

栄典編集

著書編集

  • 高木豊三と共著『刑法一覧』時習社・博聞社、1880年
  • 『刑法弁議上巻』薩埵正邦、1882年
  • 『財産法講義第一巻』薩埵氏蔵版、1884年(東京法学校教課用、禁発売)
  • 『財産法講義第二巻』薩埵氏蔵版、1885年(東京法学校教課用、禁発売)
  • 『財産法講義』中央法学会、1887年(東京法学校中央法学会のほか、明治法律学校の教科書にもなった[9]
  • 『民事証拠法要論上・下巻』時習社、1887年
  • 『大日本帝国憲法精義』時習社・岡島宝文館、1889年
  • 『大日本帝国憲法附属法精義』時習社・岡島宝文館、1889年
  • 『日本刑法講義』時習社、1889年
  • 『各国比較行政法講義』中央法学会、1889年
  • 『日本民法通解』時習社、1889年
  • 『刑法原理講義』日本同盟法学会、1893年

編書編集

ボアソナードアッペール英語版の講義を薩埵正邦が筆記・編集して出版したもの。

  • アッペール講義『佛蘭西行政法講義筆記』宇川盛三郎橋本胖三郎訳、東京法学社、1880年
  • アッペール講義『仏国行政法講義筆記』宇川盛三郎・橋本胖三郎訳、東京法学社蔵版、1881年
  • ボアソナード講義『仏国民法売買篇講義』堀田正忠訳、博聞社、1883年

翻訳書編集

  • ナミュ−ル(Parfait Namur)著 『法学通論』時習社、1886年[10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 篠田正作『知識進歩立志之友』中村芳松、1892年
  2. ^ 「某氏君ノ才ヲ愛シ資ヲ助ケ」たと記されている(『法学協会雑誌』15巻8号859頁)が、「某氏」については不明である。
  3. ^ 安藤勝一郎編『三高等学校弁論部部史』三高等学校弁論部、1935年、8頁
  4. ^ 高木豊三本野一郎も同じく京都仏学校で学んでいたデュリー門下であり、この薩埵の人脈が、後々東京法学校や和仏法律学校を支えていくことになる。
  5. ^ 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター・洞口治夫編の下掲書
  6. ^ 『早稲田大学百年史 1巻』P1035
  7. ^ 各校の生徒・校友、千五・六百名が参加。『五大法律学校連合討論会筆記一回二回』博文社、1888年、187頁。『東京法学校雑誌』3号、1888年3月25日、49-50頁。
  8. ^ 『官報』第2545号、「叙任及辞令」1891年12月22日。
  9. ^ 『毎日新聞』1887年5月15日、4面。
  10. ^ 薩埵が翻訳した原稿259枚を河地金代に売却して出版されたもの(法政大学イノベーション・マネジメント研究センター・洞口治夫編・下掲書)。

参考文献編集

法政大学イノベーション・マネジメント研究センター・洞口治夫編 『大学教育のイノベーター-法政大学創立者・薩埵正邦と明治日本の産業社会-』書籍工房早山、2008年.(ISBN 978-4-88611-510-2)

関連項目編集

法政大学市ヶ谷キャンパスの外濠校舎内に大収容アリーナである「薩埵ホール」は、薩埵正邦の名から取ったものである。