メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

薩摩 剣八郎(さつま けんぱちろう、1947年5月27日 - )は、日本俳優スーツアクター鹿児島県出水市生まれ。本名非公表。別名に久坂龍馬中山剣吾。特技は水彩画示現流剣術空手道

目次

経歴編集

  • 1965年川崎製鉄に入社。翌年より千葉製鉄所に勤務。
  • 1967年、川崎製鉄を退社し、日活演技研究所(日活芸能教室)の一期生として入所。同所を卒業後、劇団日活青年劇場に在籍。芸名は久坂龍馬。
  • 1969年、日活専属俳優となる。
  • 1970年三船プロダクションに移籍。芸名を中山剣吾に改める。
  • 1971年、『ゴジラ対ヘドラ』にヘドラ役で出演。初のスーツアクター。
  • 1973年ピー・プロダクションの附属劇団「河童」を主宰。
  • 1984年、『ゴジラ』にゴジラ役で出演。「185cmを超える役者」とのオファーに対し、当時主宰していた劇団の役者を推薦するも本人が辞退したことから、代わりに自身(身長170cm)が演じることとなる。これを期に芸名を薩摩剣八郎と改名し、本作から『ゴジラvsデストロイア』(1995年)まで、重厚な着ぐるみを着て主役であるゴジラを演じ、スーツアクターの第一人者となる。

エピソード編集

  • 空き地で剣術を稽古していたところ、徐々にエスカレートして他人の土地に道場を建設するまでに至った結果、地主に見つかって泣く泣く退去させられる。
  • ゴジラシリーズについては上記の通り、1984年の『ゴジラ』から1995年の『ゴジラvsデストロイア』までゴジラ役を演じたが、『ゴジラvsデストロイア』ではメカニックや電飾も含めたスーツの重量が130キログラムに達するなど、過酷を極めた。後年に述懐したところによれば、スーツ内の炭酸ガスの噴射ギミックによる酸欠で4回ほど卒倒したため、酸素ボンベを常時入れるようにしてもらったそうである[1]

出演編集

映画編集

ゴジラシリーズ編集

役名表記のない作品ではゴジラ役。

その他編集

テレビ編集

オリジナルビデオ作品編集

  • 淫獣大戦キトラ (2001年)
  • 時空警察ヴェッカー (2001年)- 用心棒(友情出演)
  • Pマン サイバー美少女0指令(2003年) - 示現流師範役

著書編集

出典編集

外部リンク編集