メインメニューを開く

薩谷 和夫(さつや かずお、1935年7月20日 - 1993年1月6日)は、日本映画美術監督東京都出身。

さつや かずお
薩谷 和夫
生年月日 (1935-07-20) 1935年7月20日
没年月日 (1993-01-06) 1993年1月6日(57歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
職業 美術監督
主な作品

映画
HOUSE ハウス
転校生
時をかける少女
さびしんぼう

ふたり

目次

来歴編集

永田町小学校(現麹町小学校)、麹町中学校東京都立明正高等学校を経て、青山学院大学文学部入学後、中退。中退後に東宝撮影所美術課に入社。黒澤映画の美術監督である村木与四郎のもとで美術を学ぶ。兄弟子は竹中和男。

初美術監督作品は加山雄三の「若大将シリーズ」の『俺の空だぜ!若大将』。

主に大林宣彦の美術監督として知られるが、大林とは『HOUSE ハウス』の頃に知り合い、東宝退社後フリーとなってからも『転校生[1]以降、『青春デンデケデケデケ』までの大林映画の美術監督を務める。『水の旅人 侍KIDS』も本来は薩谷が美術を担当する予定だったが、同作の九州ロケの準備中に病に倒れ、尾道まで帰ってきて入院するが、1993年1月6日、帰らぬ人となった(『水の旅人』は薩谷亡き後、兄弟子である竹中和男が美術を引き継いだ)。

仕事の傍ら、こよなく愛した尾道のスケッチ12枚の絵葉書制作[2]に取組んでおり、これが遺作となってしまった。

本来は美術担当だが、『HOUSE ハウス』から『ふたり』まで脇役の役者としても登場。没後の今でも大林映画の中で姿を見ることができる。また大林の配慮で『あの、夏の日』では写真の遺影も。担当した美術監督作品数は50を越える。

墓は自らが美術を担当した『さびしんぼう』の舞台となった尾道の西願寺にある[3]

主な代表作編集

受賞歴編集

出典編集

参考文献編集

  • 『新版 大林宣彦のa movie book尾道』(たちばな出版 2001年) P194-195
  • 『4/9秒の言葉―4/9秒の暗闇+5/9秒の映像=映画』(大林宣彦 創拓社 1996年)P224
  • 『映画 おかしなふたり』パンフレット(1988年)

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 『転校生』は薩谷がフリーとなってからの第1作目にあたる。
  2. ^ 2012年現在も購入が可能。墨の5色塗りというこだわりの絵はがき
  3. ^ 生前「僕が死んだら、東京から母のお骨もこっちに移して、あの西願寺で眠りたい」と言い続けていた。