メインメニューを開く

藤井 乙男(ふじい おとお、慶応4年7月14日1868年8月31日) - 昭和21年(1946年5月23日)は、国文学者、俳人。号は紫影。兵庫県洲本町淡路島)生まれ。

第三高等学校を経て1894年帝国大学国文科卒、在学中正岡子規と知り句作を始める。1894年福岡県立尋常中学修猷館教諭、1898年第四高等学校教授、金沢にて北声会を主宰、「北国新聞」の俳壇選者となる。1908年第八高等学校教授、1909年京都帝国大学文科講師、11年教授、12年文学博士の学位を受け、1928年定年退職、名誉教授となる。1930年帝国学士院会員。

近世文学研究の基礎を作った。著作集全9巻がある。

著書編集

  • 新編国文読本 積善館 1895-96
  • 新撰帝国小史 積善館 1899.2
  • 操觚便覧 浜本明昇堂 1899.12
  • 近松門左衛門 金港堂書籍 1904
  • 俗諺論 富山房 1906.8
  • 巣林子評釈 有朋堂書店 1908
  • 諺語大辞典 有朋堂 1910.3
  • 江戸文学研究 内外出版 1921
  • 諺の研究 更生閣 1929 のち講談社学術文庫
  • かきね草 私家版 1929
  • 江戸文学図録 藤井博士還暦記念 国文学会編 ぐろりあそさえて 1930
  • 江戸文学叢説 岩波書店 1931
  • 西鶴五人女詳解 木鐸社 1931
  • 国文学大講座 第18 江戸文学概説 日本文学社 1935
  • 日本文学史要 三省堂 1938
  • 史話俳談 晃文社 1943
  • 藤井乙男著作集 第1、4巻 秋田屋 1947-48
  • 鉢叩 句集 藤井紫影 草茎社 1968
  • 藤井乙男著作集 全9巻 クレス出版 2007