藤井 尚之(ふじい なおゆき、1964年12月27日 - )は、日本ミュージシャン俳優タレントであり、元チェッカーズサックスプレーヤーである。福岡県久留米市出身。私立九州産業高等学校(現在の九州産業大学付属九州産業高等学校)卒業。身長171cm。血液型はA型。著名な家族には兄と甥がおり、兄は尚之と同じチェッカーズのリードボーカルで歌手・作詞家・タレントの藤井フミヤ。甥は兄・フミヤの長男でフジテレビアナウンサー藤井弘輝[1]。所属事務所はヤマハ音楽振興会スリースタープロ(共にチェッカーズ時代)を経て現在は個人事務所の株式会社FFM。

藤井 尚之
出生名 藤井尚之
別名 リットル藤井、Evally Fujii
生誕 (1964-12-27) 1964年12月27日(57歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県久留米市
学歴 私立九州産業高等学校(現在の九州産業大学付属九州産業高等学校)卒業。
ジャンル J-POP
職業 歌手
ミュージシャン
作曲家
俳優
タレント
担当楽器 サクソフォーン
ボーカル
ギター
フルート
ベース
活動期間 1983年 -
レーベル ポニーキャニオンソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズChaya-zaka Records
事務所 株式会社FFM
共同作業者 藤井フミヤ(実兄)
F-BLOOD
アブラーズ
チェッカーズ
公式サイト NAOYUKI FUJII OFFICIAL WEB SITE

来歴・人物編集

鳥栖駅長などを歴任した国鉄職員の父と美容師の母のもとに第2子として出生する。中学三年生の時、同級生7人とともに自身初のバンド「弁慶」を結成する。

チェッカーズ加入のきっかけは「尚之があまりにも暇だったのでチェッカーズに入れるよう母に言われた」ということを、兄・フミヤが2017年6月25日放送の吉岡里帆ラジオパーソナリティを務めるラジオ番組、『LIFESTYLE COLLEGE』(J-WAVE)ゲスト出演時に明かしている。

チェッカーズ内では、元々はベースを担当していたが、大土井裕二の加入により、サックスに転向した(「素直にI'm Sorry」「ふれてごらん 〜please touch your heart〜」ではフルートを演奏した)。

チェッカーズのオリジナル作品転向後は、「NANA」「Blue Rain」「素直にI'm Sorry」「運命 (SADAME)」「さよならをもう一度」「ふれてごらん 〜please touch your heart〜」「今夜の涙は最高」「Blue Moon Stone」などを作曲した。

チェッカーズがアイドル扱いされていたことやオリジナル・シングルを出せない苛立ちから、1986年初頭には無精髭をたくわえ、更には髪を肩まで伸ばしていた。1988年から長髪を通したが、1991年末に髪を切った。その背景にはフミヤが「髪を切るな」と尚之に忠告しており、またフミヤがファッションと髪型には妥協を一切許さない主義だったため。

チェッカーズ活動時には、ボーカル3人組(ダイヤモンズ)に対抗して徳永善也(サニー徳永)、武内享(アンバサダー武内)、大土井裕二(アルマジロ大土井)、藤井尚之(リットル藤井)の4人で「アブラーズ」というバンドを結成。2003年に復活し、チェッカーズがデビューした日でもある9月21日に、改めてデビューライブを行った。2004年8月17日に徳永善也が死去した後も、アブラーズとしての活動は続いている。

1992年のチェッカーズ解散後は、ソロに転向。1997年にはフミヤと共に、音楽ユニットF-BLOODを結成する。

1996年フジテレビ系の音楽番組『LOVE LOVE あいしてる』のバックバンドLOVE LOVE ALL STARSに参加し、サックス・管楽器を担当した。

1997年に沢田研二のアルバム『サーモスタットな夏』に収録されている「言葉にできない僕の気持ち」「ミネラル・ランチ」の作曲をしている。

2005年1月に12歳年下の一般人女性と入籍、ハワイで式を挙げた。2010年6月24日、第一児(女児)が誕生した。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. NATURALLY(1987年10月21日)
  2. Manhattan(1988年4月21日)
  3. クローム・メタリック(1988年12月27日)
  4. Blue Sky(1995年4月5日)
  5. Come to love(1995年10月20日)
  6. あんな気持ちで(1996年10月2日)
  7. キスの嵐(1998年7月1日)
  8. レイニーストリートブルース(1999年4月21日)
  9. ゼロ(1999年8月4日)
  10. CREAMSODA ONE(2000年8月23日)
  11. SKY(2001年11月21日)

アルバム編集

  1. NATURALLY(1987年10月21日)
  2. BLOW SESSION(1988年12月27日)
  3. Out of My Tree(1995年)
  4. FRIED RICE(1995年)
  5. What have I done?(1996年)
  6. first kiss(1998年9月9日)
  7. Who am I?(1999年)
  8. In The Smoke(2003年)
  9. In The Shadow(2004年)
  10. Kind of tears(2005年)
  11. ゆるり ふわり(2006年)
  12. Good day(2007年)
  13. NAOYUKI FUJII BEST SAX&SING(2010年) ※ベストアルバム
  14. RUBBER TOWN(2011年) ※NAOYUKI FUJII with The TRAVELLERS名義
  15. El Camino(2013年) ※The TRAVELLERS with Naoyuki Fujii名義
  16. My Life(2015年)
  17. foot of the Tower(2017年2月15日)
  18. Dark & Light(2019年3月27日)

DVD編集

  • NAOYUKI FUJII LIVE '05 唐草犬(2006年)
  • Naoyuki Fujii Live Tour '07 Good day(2008年)

S,F,編集

鈴木賢司とのユニット。

  • MOOD DELUXE(2003年)

Non Chords編集

後藤次利斉藤ノヴとのユニット。

  • Non Chords(2004年)
  • Tracing Point(2005年)
  • Taboo(2005年)
  • Non Chords Live Tour 2005 “Tracing Point” in OSAKA(2010年) ※ライブアルバム

The Nature Sound Orchestra編集

ジョー奥田、高橋全とのユニット。

  • NSO(2008年)

SLUG & SALT編集

有賀啓雄屋敷豪太松本圭司、飯尾芳史とのユニット。

  • SLUG & SALT(2010年)

楽曲提供作品編集

映画音楽編集

メディア出演編集

音楽番組編集

バラエティ編集

テレビドラマ編集

映画編集

CM編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集