メインメニューを開く

藤井 巳幸(ふじい みゆき、1977年12月17日 - )は、日本の元女子プロレスラー三重県三重郡出身。

藤井 巳幸
プロフィール
リングネーム サソリ
藤井 巳幸
本名 藤井 巳幸
身長 163cm
体重 62kg
誕生日 (1977-12-17) 1977年12月17日(41歳)
出身地 三重県三重郡
所属 極悪同盟
デビュー 1996年9月16日
引退 2009年4月29日
テンプレートを表示

目次

所属編集

経歴・戦歴編集

1996年9月16日、東京八王子マルチパーパスプラザにおいて、対中西百重戦でデビュー。デビュー当初は体格にも技量にも恵まれず、「女子プロレス史上最弱」の異名で呼ばれるほどだった。新人当時は堀田祐美子の付き人をしていた。

2003年5月13日、神奈川横浜アリーナにおいて、エリカ・モントーヤと異種格闘技戦を行うも三角絞めで一本負け。その1時間後、スキンヘッドに剃り上げた頭にさそりのペイントを施して「サソリ」として再登場、ヒールターンを果たし、ダンプ松本が再結成した新生極悪同盟のメンバーとなり師匠のダンプからは引退後もたいへん可愛がられている。

2004年にはボクシングにも挑戦し、デビュー戦で勝利を挙げるが、日本ミニフライ級トーナメントでは1回戦敗退。

2008年5月6日、後楽園ホールで行われたマッスルハウス6に登場。今年一番運気の良いレスラーに選ばれ、飯伏幸太からIMGP王座を奪取。同興行中にマッスル坂井男色ディーノとの3WAYによるタイトルマッチで初防衛にも成功した。なお、マッスル名物のスローモーション中の独白では自らを「ガチ☆ガール」と称していた。

2009年4月29日の極悪同盟興行を最後に引退。現役時代は上記の様に決して強くはなかったが、元気で明るい性格で全女の仲間から好かれていたために引退セレモニーにはダンプや堀田など多くの先輩、同期、後輩レスラーが駆け付け、約13年間に及ぶ現役生活にピリオドを打った。2016年1月の亜利弥’の自主興行でダンプのセコンドに登場して久しぶりに公の場に登場した。

2016年より、出身の三重県内のスポーツクリニックにて、スポーツマッサージやトレーニング指導の仕事を行っている[1]

得意技編集

  • ラ・マヒストラル
  • エルボー
  • サソリ・クランプ
  • ブレーンバスター・ホールド

タイトル歴編集

脚注編集