メインメニューを開く

藤井 敏雄(ふじい としお、1941年 - 1966年8月26日)は、日本のレーシングライダーロードレース世界選手権(WGP)の50cc、125cc、500ccクラスに参戦していた。

東京都北区赤羽出身。

トーハツ(当時日本で1、2位を争うトップクラスのバイクメーカー)のライダー・組立工を経て、鈴木誠一・久保和夫の率いる名門「城北ライダース」に移籍。

国内でモトクロスに多く出場。朝霧での1961年第4回全日本モトクロス大会に出場し、オープンクラスでトップを走行する(その後、転倒)。

1961年の第4回全日本クラブマンレース(ジョンソン基地)に出場し、スズキ・セルペット50ccで決勝8位、スズキ・コレダセルツイン125ccにて

平均時速100.32km/hの新記録で初優勝。

1961年日本選手権レース(ジョンソン基地)に出場し、スズキ・コレダ125ccで決勝2位。優勝は同じ城北ライダーの鈴木誠一。

1962年スズキに入社し、メカニック・車両開発ライダーとして活躍。

1962年第5回全日本クラブマンレース(雁の巣)日本選手権に出場し、スズキ・セルペット50ccで決勝5位。

1962年の第1回全日本選手権レースに出場し、スズキ50ccで予選12位、決勝リタイヤ。

1963年世界選手権日本(鈴鹿)GPに出場し、スズキ50ccで予選9位、決勝リタイヤ。

1965年世界選手権ベルギーGPに出場し、スズキ50ccで予選6位、決勝7位。

1965年世界選手権日本(鈴鹿)GPに出場し、スズキ50ccで予選5位、決勝では2周目にトップを走行、6周目に転倒しリタイヤ。

1965年英国の国際レース(オウルトン・パーク)に出場し、スズキにて優勝。

1965年英国の国際ハッチンソン100レース(シルバーストーン)に日本人として初出場し、スズキ50ccにて平均時速78.37mphの新記録で優勝。スズキ125ccでは決勝2位。

1965年フランスの第19回アヴィニョンバイクレースに出場し、スズキ50ccで優勝。

1965年ドイツの国際レース(ソリチュード、シュトゥットガルト)に出場し、スズキ50ccで決勝4位。

1965年スウェーデンのTTレース(クノットストープ)に出場し、スズキ125ccにてチェーン切れでリタイヤ。

1965年11月スズキを退社し、1966年川崎航空機工業へ移籍。エースライダー・メカニックとして第2戦西ドイツGPから125ccクラスで単身世界選手権へ参戦する。

カワサキとしては初の世界選手権への参加であり、マシントラブルが続発し、リタイヤが続いた。

1966年世界選手権ベルギーGPの最高峰500ccクラスに英国ノートンにてスポット出場。日本人として二人目。決勝リタイヤ。

1966年世界選手権第8戦のマン島TTレースに、カワサキ125ccで出場。公式練習前に、ギヤボックスに深刻なトラブルが発生。

予選へ進むために最低3周する必要があり、問題を抱えながらマン島初出走。[1]

1周目、北部の避難港ラムゼイのコーナーで塀に激突し死亡。享年25歳。[2]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ R&J Crellin Books 『Japanese Riders in the Isle of Man』 by Ralph Crellin 1995 page 44. ISBN 0-9527617-0-X.
  2. ^ Ian., Falloon, (2002). Kawasaki racers : road-racing motorcycles from 1965 to the present day. Sparkford, Nr Yeovil, Somerset, England: Haynes Pub.. ISBN 1859608310. OCLC 50583824. https://www.worldcat.org/oclc/50583824.