藤代裕之

藤代 裕之(ふじしろ ひろゆき、1973年2月1日[1]‐)は日本のジャーナリスト法政大学社会学部准教授。

目次

経歴編集

  • 徳島県生まれ[1]広島大学文学部哲学科卒業[1]立教大学21世紀社会デザイン研究科修士課程修了[1]。修士(社会デザイン学)[2]
  • 1996年徳島新聞社に入社[3]。記者として社会部で司法・警察、地方部で地方自治、文化部で中高生向け紙面のリニューアルを担当[3]
  • 2004年9月にブログ「ガ島通信」をスタート。
  • 2005年NTTレゾナント入社。ニュースデスク、CGM編集長を歴任。北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット非常勤教員。学習院大学法学部政治学科、早稲田大学大学院政治学研究科、などで非常勤講師。
  • 2009年7月細川一成らとWOMマーケティング協議会を立ち上げ、ガイドライン作成を担当。
  • 2011年に日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)を設立。Entrepreneurial Journalistを掲げ、実践的な教育プログラムを行う。
  • 2012年に東日本大震災の被災地岩手県大槌町で情報発信ワークショップ実施と地域メディア「大槌みらい新聞」を立ち上げ。
  • 2013年4月法政大学社会学部メディア社会学科准教授、関西大学総合情報学部特任教授に就任。
  • 日本マス・コミュニケーション学会、日本広報学会、情報ネットワーク法学会会員。

著書編集

連載編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集