メインメニューを開く

藤倉 一雅(ふじくら かずまさ、1957年8月31日 - )は、栃木県足利市丸山町出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

藤倉 多祐 (藤倉 一雅)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 栃木県足利市
生年月日 (1957-08-31) 1957年8月31日(61歳)
身長
体重
170 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1979年 ドラフト外
初出場 1980年10月5日
最終出場 1987年5月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

1984年から1988年までの登録名は「藤倉 多祐」(読み同じ)。大学野球監督となった現在でも、藤倉多祐の登録名を用いている。父は、元西鉄ライオンズ藤倉平三郎

目次

来歴・人物編集

足利学園高では、投手として1975年夏の甲子園に出場。2回戦(初戦)で鹿児島商業高に完封勝利するが、3回戦では習志野高のエース小川淳司に完封負け[1]

高校卒業後は、青山学院大学に進み内野手に転向。東都大学リーグでは1979年春季二部リーグで優勝。入替戦で専大を降し、5年ぶりの一部昇格を果たす。同年の秋季リーグでは1年下のエース吉田幸夫(プリンスホテル)を擁し、リーグ3位に入る健闘を見せ、自身もベストナイン(遊撃手)に選出された。

1979年オフに、ドラフト外阪神タイガースに入団。同期入団に岡田彰布北村照文などがいる。強肩俊足の内野手と期待され、新人ながら背番号「3」を与えられる。

1981年ジュニアオールスターでMVPを獲得。

1983年には自己最多の55試合に出場するが、主に代打、代走としての起用にとどまる。

1983年オフに弘田澄男との交換トレードでロッテオリオンズに移籍。

1986年から2年連続イースタンリーグの首位打者を獲得するなど、二軍では活躍するも一軍ではその実力は発揮できず。

1988年限りで現役を引退。

1989年から1994年はロッテコーチ、1995年から1998年はロッテスカウト、1999年から2001年まで再びコーチを務め2001年に退団。

2005年より白鴎大学野球部コーチに就任、その後監督に昇格し現在は総監督。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1980 阪神 2 3 3 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1981 15 10 8 1 1 1 0 0 2 0 0 2 2 0 0 0 0 1 0 .125 .125 .250 .375
1982 48 31 29 11 7 1 0 2 14 3 1 0 1 0 0 0 1 9 0 .241 .267 .483 .749
1983 55 40 32 13 2 1 0 0 3 0 3 0 3 0 5 0 0 4 0 .063 .189 .094 .283
1984 ロッテ 27 13 13 7 2 1 0 0 3 1 0 2 0 0 0 0 0 4 0 .154 .154 .231 .385
1985 17 12 11 2 3 1 1 0 6 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .273 .333 .545 .879
1986 15 24 23 3 8 0 0 1 11 2 3 1 0 0 1 0 0 6 0 .348 .375 .478 .853
1987 3 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 182 135 121 37 24 5 1 3 40 6 7 6 6 0 7 0 1 30 0 .198 .248 .331 .579

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 3 (1980年 - 1986年)
  • 32 (1987年 - 1988年)
  • 87 (1989年 - 1994年、1999年 - 2001年)

登録名編集

  • 藤倉 一雅 (ふじくら かずまさ、1980年 - 1983年)
  • 藤倉 多祐 (ふじくら かずまさ、1984年 - 1994年、1999年 - 2001年)

脚注編集

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目編集